問59 2020年9月応用

問59 問題文と解答・解説

問59 問題文

「給与等の引上げ及び設備投資を行った場合等の法人税額の特別控除」(以下、「本制度」という)に関する以下の文章IおよびIIの下線部(1)〜(3)のうち、最も不適切なものをそれぞれ1つ選び、その適切な内容について簡潔に説明しなさい。なお、本問においては、2020年4月1日から2021年3月31日までの事業年度を当期という。

〈適用要件〉
I 本制度は、国内雇用者に対して給与等を支給する青色申告法人が所定の要件を満たす場合に適用を受けることができるが、その要件は、一定の中小企業者等(以下、「中小企業」という)とそれ以外の法人(以下、「大企業」という)で異なっている。
当期において本制度の適用を受ける場合、大企業では、雇用者給与等支給額が比較雇用者給与等支給額を超えていること、継続雇用者に対する当期の給与等支給額がその継続雇用者に対する前期の給与等支給額の103%以上であること、(1)国内設備投資額が当期償却費総額の90%以上であることが必要である
他方、中小企業では、雇用者給与等支給額が比較雇用者給与等支給額を超えていること、(2)継続雇用者に対する当期の給与等支給額がその継続雇用者に対する前期の給与等支給額の101.5%以上であることが必要であり、国内設備投資額に関する要件は設けられていない。
なお、「国内設備投資額」とは、(3)法人が当期において取得等をした国内にある一定の減価償却資産で当期末において有するものの取得価額の合計額をいい、「当期償却費総額」とは、その法人の有する減価償却資産につき当期において償却費として損金経理をした金額の合計額をいう。

〈税額控除額〉
II 本制度による税額控除額についても、中小企業と大企業では異なっている。
当期において本制度の適用を受ける場合、大企業では、原則として、雇用者給与等支給額から比較雇用者給与等支給額を控除した金額(給与等支給増加額)の15%相当額であるが、(1)雇用者に対する当期の教育訓練費の額が前期および前々期の教育訓練費の額の年平均額の120%以上であることを要件として、税額控除額が給与等支給増加額の20%相当額となる。
他方、中小企業では、原則として、給与等支給増加額の15%相当額であるが、継続雇用者に対する当期の給与等支給額がその継続雇用者に対する前期の給与等支給額の102.5%以上であり、かつ、雇用者に対する当期の教育訓練費の額が前期の教育訓練費の額の110%以上であること等を要件として、(2)税額控除額が給与等支給増加額の25%相当額となる
なお、税額控除することができる金額は、(3)法人が中小企業であるか大企業であるかを問わず、当期における法人税額の25%相当額が限度である

ページトップへ戻る

問59 解答・解説

賃上げ・投資促進税制に関する問題です。

〈適用要件〉
I
(1)は、不適切。賃上げ・投資促進税制を受けるには、給与総額が前事業年度を超えていること・3%以上の賃上げ・国内設備投資額が当期償却費総額の95%以上であることをすべて満たすことが必要です。
以前は当期償却費総額に対する設備投資額の割合は90%以上が条件でしたが、2020年4月1日以降に開始する事業年度からは95%以上に引き上げられました。

(2)は、適切。賃上げ・投資促進税制を受ける要件のうち、資本金1億円以下の中小企業の場合には、賃上げは1.5%であり、設備投資額に関する条件は課されません。
つまり、大企業には雇用・賃上げ・設備投資の拡大を促し、中小企業には雇用・賃上げの拡大を促す優遇措置ということです。

(3)は、適切。賃上げ・投資促進税制における国内設備投資額とは、法人が適用事業年度に取得・製作・建設した国内の一定の減価償却資産で、その事業年度末に所有しているものの取得価額の合計です。また、当期償却費総額とは、その法人の所有する減価償却資産について適用事業年度に償却費として損金経理額の合計です。

〈税額控除額〉
II
(1)は、適切。賃上げ・投資促進税制では、給与総額の前年度からの増加額に対して、15%の税額控除が受けられますが、教育訓練費が前期・前々期の年平均の120%(2割増し)であれば、20%の税額控除が受けられます。

(2)は、適切。賃上げ・投資促進税制を資本金1億円以下の中小企業が受ける場合、前期比2.5%以上の賃上げと教育訓練費10%以上の増加等により、給与総額の前年度からの増加額に対して、25%の税額控除が受けられます。

(3)は、不適切。賃上げ・投資促進税制の税額控除は、企業の規模に関わらず、当期の法人税額の20%までです。

以上により正解は、
I :(1) 国内設備投資額が当期償却費総額の95%以上であることが要件となる。
II:(3) 税額控除することができる金額は、当期における法人税額の20%相当額が限度である。

問58          第4問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.