問37 2014年9月基礎

問37 問題文と解答・解説

問37 問題文

定期建物賃貸借契約(以下,「定期借家契約」という)に関する次の記述のうち,適切なものはいくつあるか。

(a) 定期借家契約は,契約の期間について最長期間の制限はないが,その期間を6カ月未満とすることはできない。

(b) 定期借家契約において,自己の居住のために床面積が200u未満の建物を賃借している借家人は,転勤,療養等のやむをえない事情により,自己の生活の本拠として使用することが困難になったときは,特約がなくとも当該建物の賃貸借契約を中途解約することができる。

(c) 定期借家契約は,公正証書で締結しなければならないため,公正証書以外の書面および口頭による契約は無効となる。

1) 1つ

2) 2つ

3) 3つ

4) 0(なし)

ページトップへ戻る

問37 解答・解説

定期借家契約に関する問題です。

(a)は、不適切。契約期間が1年未満の場合、普通借家契約では期間の定めのない契約とみなされますが、定期借家契約では契約通りの期間となります。

(b)は、適切。床面積200u未満の居住用建物を定期借家契約で借りている場合、転勤・療養・親族の介護等のやむを得ない事情により転居するときは、1ヶ月前に申し入れることで中途解約が可能です。

(c)は、不適切。普通借家契約は口頭による契約も有効ですが、定期借家契約は公正証書等の書面による契約が必要です(書面であれば公正証書でなくても可)

従って正解は、1) 1つ

問36      問38

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.