問37 2018年1月基礎

問37 問題文と解答・解説

問37 問題文

農地法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1) 農地法上の農地に該当するかどうかは、土地の登記記録上の地目によって判断される。

2) 農地を相続により取得した相続人が、当該農地を相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内に売却する場合、原則として、農地法第3条に基づく許可を受ける必要はない。

3) 個人が所有する市街化区域内の農地を駐車場用地として自ら転用する場合、その面積規模にかかわらず、あらかじめ農業委員会に届け出れば、原則として、農地法第4条に基づく許可を受ける必要はない。

4) 法人が農地所有適格法人となるためには、所定の要件を満たし、農地法に基づく農業委員会の認可を受ける必要がある。

ページトップへ戻る

問37 解答・解説

農地法に関する問題です。

1) は、不適切。農地法は現況主義のため、登記上農地でなくても、現況が農地であれば農地として判断され、農地以外に転用する場合には、農地法による許可や届出が必要です。

2) は、不適切。個人が農地を相続により取得した場合、取得を知った時から10ヶ月以内に、農業委員会に届け出ることが必要です。そのまま農地として相続するのであれば、農地法第3条に基づく許可は不要ですが、第三者に売却する場合には、農地法第3条に基づく許可が必要です。

3) は、適切。農地を農地以外(建物敷地、駐車場、資材置場等)に転用する場合は、面積の大小にかかわらず、事前に農地法第4条(自ら転用)または第5条(他者への売買・賃貸等)の規定による農地転用の許可や届出が必要です。
農地が市街化調整区域等にある場合は農業委員会や国・都道府県の許可となり、市街化区域にある場合は農業委員会への届出となります。
よって、市街化区域内の農地を駐車場に自ら転用するときは、農業委員会に届け出れば、農地法第4条に基づく許可は不要です。

4) は、不適切。農地所有適格法人は、農地や採草放牧地を利用した農業経営が可能な法人(野菜工場やハウス栽培等のみ行う場合は「その他の農業法人」)で、設立するための認可や許可は不要であり、所定の要件を満たせば、農地の権利を取得することができるようになります。

よって正解は、3)

問36      問38

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.