問3 2019年1月実技(資産設計)

問3 問題文と解答・解説

問3 問題文

宏明さんは父から、悠太さんに現金を贈与するから、未成年者少額投資非課税制度(以下「ジュニアNISA」という)を利用しないかと提案を受けた。しかし、少額投資非課税制度(以下「NISA」という)とジュニアNISAの違いがよく分からず、FPの駒田さんに相談をした。駒田さんが作成した下記<資料>の空欄(ア)〜(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととする。

<資料>NISAとジュニアNISAの比較


<語群>
1. 80万円  2. 100万円  3. 120万円
4. 18歳  5. 19歳  6. 20歳
7.いつでもできる  8. 1年単位でできる(ロールオーバーは不可)
9.できない

ページトップへ戻る

問3 解答・解説

NISA・ジュニアNISAに関する問題です。

ジュニアNISA口座の利用限度額(非課税枠)は、一人年間80万円までで、通常のNISA同様、配当金や譲渡益は、最長5年間、非課税です。

ジュニアNISA口座での5年間の非課税期間終了時に保有する上場株式等は、継続管理勘定へロール・オーバーすることで、口座開設者が1月1日現在で20歳である年の前年の12月31日まで、非課税での運用の継続が可能です(新規買い付けは不可、20歳以降NISA口座への引継ぎ可)。

また、ジュニアNISAでは、口座開設者が3月31日時点で18歳となる年の前年の12月31日までは、口座外に払い出すことはできません

なお、NISA口座は1年単位で開設する金融機関の変更が可能(変更する年にNISA口座に上場株式等を受け入れていない場合のみ)ですが、ジュニアNISA口座は、原則として開設する金融機関の変更はできません(変更したい場合は一旦既存の口座を廃止が必要)。


以上により正解は、(ア)1. 80万円 (イ)6. 20歳 (ウ)4. 18歳 (エ)9.できない

問2                問4

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.