問21 2019年9月基礎

問21 問題文と解答・解説

問21 問題文

オプション取引による一般的なリスクヘッジに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1) 東証株価指数(TOPIX)を原資産とするコール・オプションの購入は、東証株価指数(TOPIX)が下落することに対するヘッジとなる。

2) ドル・プット/円・コールの購入は、ドルの対円相場が上昇するドル高/円安に対するヘッジとなる。

3) フロアの購入は、対象となる金利が低下することに対するヘッジとなる。

4) ペイヤーズ・スワップションの購入は、スワップ金利が低下することに対するヘッジとなる。

ページトップへ戻る

問21 解答・解説

オプション取引に関する問題です。

1) は、不適切。コール・オプションの買いは、原資産価格が上昇すると利益が出ることになりますので、東証株価指数(TOPIX)のコール・オプションの購入は、TOPIX下落に対するヘッジとしては不適切で、原資産価格の低下に対するヘッジには、プット・オプションの購入が適切です。

2) は、不適切。ドル・プット/円コールというオプションの買いは、言い換えればドル売り・円買いということですので、ドル安/円高に対するヘッジとなります。ドル高/円安に対するヘッジには、ドル・コール/円プットというオプションの買いが適切です。

3) は、適切。金利フロアは設定金利で資金運用できる権利ですので、フロアの買いは、対象となる金利の低下に対するヘッジとなります。
反対に、設定金利で資金調達できる権利を金利キャップといい、金利上昇に対するヘッジとなります。

4) は、不適切。ペイヤーズ・スワップションとは、オプションの買い手が固定金利を支払い、変動金利を受け取る金利スワップが実行するオプションです。金利上昇局面で金利スワップを実行できるため、金利上昇に対するヘッジとなります。
反対に、オプションの買い手が変動金利を支払い、固定金利を受け取る金利スワップを実行するオプションをレシーバーズ・スワップションといい、金利低下に対するヘッジとなります。

よって正解は、3

問20      問22

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.