TOP > 実技過去問解説 > 2020年9月実技(資産設計) > 問11-20(資料)

問11-20(資料) 2020年9月実技(資産設計)

問11-20(資料) 問題文と資料

問11-20(資料) 問題文

<設例>
大下清さんは、勤務する会社での役職定年(56歳到達時点)を控え、これからの具体的な生活設計などについて、FPで税理士でもある有馬さんに相談をすることにした。なお、下記のデータはいずれも2020年9月1日現在のものである。

ページトップへ戻る

問11-20 資料

[家族構成]
大下 清(本人) 1965年7月18日生まれ(55歳)、会社員
   洋子(妻) 1967年4月26日生まれ(53歳)、パートタイマー
   優(長男) 1995年5月18日生まれ(25歳)、会社員・同居
   京子(長女)2000年8月20日生まれ(20歳)、大学生・同居
   和江(母) 1940年6月19日生まれ(80歳)、無職・別居

[松井家の状況]
・武史さんは、大学卒業後、編集プロダクション会社に入社した。20年前に独立して新たに編集プロダクション会社を設立し、今日に至る。
・直美さんは、大学卒業後、デザイン事務所に勤務し、出産を機に退職した。6年前からウェブ制作会社で正社員として働き、今後も定年(60歳)まで勤務する予定である。

[大下家の状況]
・清さんは、大学卒業後、現在勤務している会社に入社し、今日に至る。
・洋子さんは、短大卒業後、数年間会社員として勤務し、その後、清さんと結婚して、結婚を機に退職した。現在はパートタイマーとして収入を得ている。
・和江さんは、夫の雄二さんが2015年に死亡した後、相続した自宅(土地・建物は和江さん名義)で、ひとり暮らしをしている。
・洋子さんの両親は、遠隔地に住んでいるが、現在は健康で問題なく暮らしている。

[大下家の年収(2019年分)]
・清さん:給与収入800万円(税込み)
※役職定年後は給与収入500万円(税込み)となる予定
・洋子さん:パート収入108万円(税込み)

[住宅および住宅ローンの状況]
・住宅:持ち家(一戸建て)、時価2,800万円(土地・建物)
・住宅ローン:残債1,400万円(債務者は清さん、団体信用生命保険付き)

[その他の負債の状況]
・なし

[生命保険の加入状況]


[保有金融資産(生命保険等を除く)] 残高合計900万円(時価)
【清さん名義】
普通預金  :130万円
定期預金  :420万円
国内公募追加型株式投資信託:230万円
【洋子さん名義】
普通預金  :40万円
定期預金  :80万円

問10                問11

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.