問6 2020年9月基礎

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

すまい給付金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 新築住宅を取得する者がすまい給付金を受け取るためには、当該住宅が人の居住の用に供したことのない住宅であって、工事完了から1年以内のものであり、その床面積が50u以上でなければならない。

2) 住宅ローンを利用せずに住宅を取得する場合、すまい給付金を受け取ることができる住宅取得者は、当該住宅の引渡しを受けた年の12月31日時点の年齢が50歳以上の者に限られる。

3) すまい給付金の給付額の算定における給付基礎額は、住宅取得者の都道府県民税の所得割額に基づいて決定され、住宅の取得に際して10%の税率による消費税額等を負担している場合、最大50万円である。

4) すまい給付金を受け取った者が、2021年12月31日までに住宅を買い換えた場合、買い換えた住宅が所定の要件を満たせば、再度、すまい給付金を受け取ることができる。

ページトップへ戻る

問6 解答・解説

すまい給付金に関する問題です。

1) は、適切。すまい給付金の対象となる新築住宅は、居住用として提供されたことがなく、工事完了から1年以内の物件で、床面積50u以上であることが必要です。

2) は、適切。すまい給付金は、消費税引き上げに伴う住宅取得者の負担軽減のため、収入と持分割合に応じて給付金が支給される制度ですが、住宅ローンを利用せずに住宅を取得する場合、すまい給付金の対象者は、住宅の引渡しを受けた年の12月31日現在の年齢が50歳以上の者に限られます

3) は、適切。すまい給付金の給付基礎額は、住宅取得者の都道府県民税の所得割額に応じて、消費税率10%の場合は10〜50万円の間で決定されます(いずれも10万円単位)。

4) は、不適切。すまい給付金は2021年12月31日までに引渡しを受けて入居した住宅が対象ですが、給付は1度だけであり、期限までに再度要件を満たした住宅を買い換えても、再度受け取ることはできません。

よって正解は、4

問5      問7

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.