問55 2020年9月応用

問55 問題文と解答・解説

問55 問題文

《設例》の〈X社とY社の財務データ等〉に基づいて、X社の損益分岐点比率を求めなさい。〔計算過程〕を示すこと。なお、計算過程においては端数処理せず、〈答〉は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。また、変動費は売上原価に等しく、固定費は販売費及び一般管理費に等しいものとする。

ページトップへ戻る

問55 解答・解説

損益分岐点比率に関する問題です。

損益分岐点比率は、損益分岐点売上高(売上高=費用となる売上高)の実際の売上高の割合をみて収益性の高さを判定するもので、この比率が低いほど収益性が高いことを示します。

損益分岐点=固定費÷{1−(変動費÷売上高)}ですが、
「変動費は売上原価に等しく」とあるため、まずは売上原価を計算します。
売上総利益(粗利)=売上高−売上原価ですので(売上総利益(粗利)は、売上高から売上原価を差し引いたもの)、
X社の売上原価=2,000,000百万円−188,000百万円=1,812,000百万円

また、「固定費は販売費及び一般管理費に等しい」とありますが、
営業利益=売上高−売上原価−販売費・一般管理費ですので、
X社の販売費・一般管理費=売上総利益188,000百万円−営業利益80,000百万円=108,000百万円

従って売上高2,000,000百万円のときの変動費1,812,000百万円、固定費108,000百万円の場合、
損益分岐点=108,000百万円÷{1−(1,812,000百万円÷2,000,000百万円)}≒1,148,936百万円となります。

損益分岐点比率=損益分岐点/売上高ですので、
X社の損益分岐点比率=1,148,936百万円÷2,000,000百万円×100
=57.446…% ⇒ 57.45% (小数点以下第3位四捨五入)

以上により正解は、57.45(%)

問54          問56

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.