問50 2021年1月基礎

問50 問題文と解答・解説

問50 問題文

会社法における種類株式に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、発行会社は、いずれも株式会社かつ取締役会設置会社であるものとする。

1) 議決権制限株式は、発行会社が公開会社であるかどうかにかかわらず、その数が発行済株式総数の2分の1を超えてはならない。

2) 発行会社が公開会社である場合、譲渡制限株式を発行することはできない。

3) 取得請求権付株式は、一定の事由が生じたことを条件として、発行会社が株主に対して当該株式の取得を請求することができる株式である。

4) 拒否権付株式は、株主総会または取締役会で決議すべき一定の事項について、当該決議のほか、当該種類株主による種類株主総会の決議が必要となる株式である。

ページトップへ戻る

問50 解答・解説

会社法に関する問題です。

1) は、不適切。議決権制限株式は、発行会社が公開会社の場合は発行済株式総数の2分の1を超えて発行できませんが、定款で全株式に譲渡制限が付けられている非公開会社の場合は、議決権制限株式の発行に制限はありません

2) は、不適切。発行会社が公開会社の場合、発行済株式総数の2分の1まで議決権制限株式を発行可能です。

3) は、不適切。取得請求権付株式は、株主が発行会社に対して保有する株式の買い取りを請求可能な株式のことです。一定の事由が生じたことを条件として、発行会社が株主に同意なしで取得させることができるのは、取得条項付株式です。

4) は、適切。拒否権付株式とは、株主総会や取締役会での決議が必要な事項について、定款で種類株主総会での決議も必要と定めた場合の株式で、種類株主に特定の事項に関して拒否権を与えることになるものです。会社防衛の切り札ともいえるため、「黄金株」ともいわれますが、相続税での評価上は普通株式と同様に評価します。

よって正解は、4

問49      目次

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.