問9 2021年9月実技(資産設計)

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

恵さんは長女の香菜さんが誕生したときに育児休業を取得し、雇用保険の育児休業給付金を受給したが、第2子の誕生を控えて今一度確認しておきたいと思い、FPの鈴木さんに育児休業給付金について質問をした。鈴木さんが説明に用いた下記<資料>の空欄(ア)〜(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

<資料>
Q:育児休業中は無給になりますか?
A:会社の制度によりますが、無給の場合は雇用保険から「育児休業給付金」が支給されます。
「育児休業給付金」は、次の要件を満たす人に支給されます。
あなたには支給される? 育児休業給付金チェック
□ 育児休業取得時に、原則として1歳未満の赤ちゃんを育てている
□ 雇用保険の被保険者(※)である
□ 育児休業に入る前の2年間のうちに11日以上働いた月が( ア )以上ある
(※)被保険者とは、一般被保険者および高年齢被保険者をいいます。

1ヵ月ごとの給付金は、休業開始時から( イ )目までは賃金の( ウ )、それ以降は賃金の50%です。

<支給額のイメージ>

※パパ・ママ育休プラス制度を利用して子どもが1歳2ヵ月に達する日まで育児休業をした場合
(出所)厚生労働省「父親の仕事と育児両立読本」に基づき作成

<語群>
1. 12ヵ月  2. 18ヵ月  3. 24ヵ月
4. 90日   5. 120日  6. 180日
7. 67% 8. 75% 9. 80%

ページトップへ戻る

問9 解答・解説

雇用保険の育児休業給付金に関する問題です。

雇用保険の育児休業給付金を受けるには、原則として、休業開始前2年間に、みなし被保険者期間(賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある月)が通算12ヶ月以上あることが必要です(介護休業給付金も同じ)。

また、育児休業給付金の支給額は、休業開始から180日までは、支給日数30日当たり「休業開始時賃金日額×30日×67%」です。
(本来は40%のところ、暫定措置で67%(181日目から50%)になっています。)

以上により正解は、(ア)1. 12ヵ月 (イ)6. 180日 (ウ)7. 67%

問8                問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.