問8 2021年9月実技(資産設計)

問8 問題文と解答・解説

問8 問題文

恵さんの父は、下記<資料>にある賃貸用建物を所有している。将来の相続のことを考えて、恵さんは、FPで税理士でもある鈴木さんにこの建物の相続税評価額の試算を依頼した。恵さんの父の相続に係るこの建物の相続税評価額を計算しなさい。なお、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

<資料>
[建物に関する事項]
・ 固定資産税評価額 3,000万円
・ 各独立部分の床面積の合計 400u
・ 上記のうち、賃貸されていない空室部分の床面積の合計 50u
(空室については、一時的なものとは認められない)
・ 賃貸部分は第三者に適正な賃料で、継続的に賃貸している。

[建物所在地域に関する事項]
・ 地区区分  普通住宅地区
・ 借地権割合 60%
・ 借家権割合 30%

・ 上記以外の事項は、考慮しない。

ページトップへ戻る

問8 解答・解説

相続税の課税価格に関する問題です。

賃貸用建物の評価額については、貸家の評価額=自用家屋評価額×(1−借家権割合×賃貸割合)です。
また、自用家屋(自宅)の評価額=固定資産税評価額×1.0 です。

本問の場合、各独立部分の床面積の合計400uのうち、空室部分の床面積の合計が50uですので、
賃貸割合=(1−50u/400u)×100=87.5%
よって、
賃貸用建物の評価額=3,000万円×(1−30%×87.5%)
         =2,212.5万円

以上により正解は、22,125,000(円)

問7                問9

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.