問63 2022年1月応用

問63 問題文と解答・解説

問63 問題文

《設例》の〈X社の概要〉に基づき、X社株式の1株当たりの類似業種比準価額を求めなさい。〔計算過程〕を示し、〈答〉は円単位とすること。また、端数処理は、各要素別比準割合および比準割合は小数点第2位未満を切り捨て、1株当たりの資本金等の額50円当たりの類似業種比準価額は10銭未満を切り捨て、X社株式の1株当たりの類似業種比準価額は円未満を切り捨てること。
なお、X社株式の類似業種比準価額の算定にあたり、複数の方法がある場合は、最も低い価額となる方法を選択するものとする。

ページトップへ戻る

問63 解答・解説

非上場株式会社の類似業種比準方式による株価算定に関する問題です。

1株当たりの類似業種比準価額について、数式は以下の通りです。
株価=類似業種の株価×{(a/A+b/B+c/C)/3}×乗数×1株当たりの資本金額/50円
※a、b、c…評価会社の1株当りの配当金額、利益金額、純資産価額(簿価)
※A、B、C…類似業種の1株当りの配当金額、利益金額、純資産価額(簿価)
※乗数は、大会社は0.7、中会社は0.6、小会社は0.5
類似業種の株価は、評価する月・前月・前々月・前年・前2年間の各平均のうち最も小さい金額

問題文では「財産評価基本通達上の規模区分は「中会社」」という記述がありますので、乗数は0.6となります。

また、資本金額3,000万円で、発行済株式総数600,000株(60万株)ですから、
1株当りの資本金額=3,000万円÷60万株=50円 です。

ここで、類似業種比準価額は上場株式の類似業種の株価等(比準要素)を基に計算しますが、国税庁により業種の分類(業種目)に応じた比準要素が定められています。
類似業種比準価額計算上の業種目は、大・中・小の3分類があり、小→中→大の順で該当する分類の比準要素を採用します。ただし、納税者の選択により、該当する分類の1つ上の分類を採用することも可能です。
従って本問の場合、業種はパン・菓子製造業ですので小分類(パン・菓子製造業)に該当するものの、類似業種の株価がより低額となる中分類(食料品製造業)を採用することも可能です。

よって、中分類(食料品製造業)を採用した場合の類似業種比準方式の株価は、
株価=480円×{(10.0/6.4+75/33+610/360)/3}×0.6×50円/50円
  =480円×(1.56+2.27+1.69)/3×0.6×50円/50円 ←小数点第2位未満切捨て
  =480円×1.84×0.6×1 ←小数点第2位未満切捨て
  =529.9円×1 ←10銭未満切捨て
  =529 円 ←円未満切捨て

小分類(パン・菓子製造業)を採用した場合の類似業種比準方式の株価は、
株価=650円×{(10.0/7.6+75/35+610/520)/3}×0.6×50円/50円
  =650円×(1.31+2.14+1.17)/3×0.6×50円/50円 ←小数点第2位未満切捨て
  =650円×1.54×0.6×1 ←小数点第2位未満切捨て
  =600.6円×1 ←10銭未満切捨て
  =600 円 ←円未満切捨て

従って本問の場合、中分類(食料品製造業)を採用した529 円を類似業種比準方式の株価とする方が、納税者に有利です。

以上により正解は、529(円)

第5問          問64

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.