第5問 2022年5月応用

第5問 設例と資料

第5問 設例

次の設例に基づいて,下記の各問に答えなさい。

《設例》
非上場会社のX株式会社(以下、「X社」という)の代表取締役社長であるAさん(70歳)の推定相続人は、妻Bさん(70歳)、長男Cさん(40歳)の2人である。5年前に大手メーカーを退職し、X社に入社した専務取締役の長男Cさんは、販路拡大に成功し、X社は前期、大幅な増収増益を達成している。X社では、業容拡大により、今期以降、正社員を積極的に通年採用することを計画している。
Aさんは、X社株式の大半を長男Cさんに早期に移転したいと考えている。Aさんは、先日、既に退職したX社の創業メンバーDさん(74歳)から、「健康状態があまり良くない。資産を整理する一環として、X社株式を買い取ってほしい」との依頼を受け、自社株式の対策を講じなければならないと思案しているところである。
X社に関する資料は、以下のとおりである。

ページトップへ戻る

第5問 資料

〈X社の概要〉
(1) 業種 電子部品製造業(従業員数58名)

(2) 資本金等の額 3,000万円(発行済株式総数60,000株、すべて普通株式で1株につき1個の議決権を有している)

(3) 株主構成
Aさん(本人) 56,000株
Bさん(妻)  2,000株
Cさん(長男) 1,000株
Dさん(第三者)1,000株(注1)
(注1)Aさんおよび長男Cさんと特殊の関係にある者(同族関係者)ではない。

(4) 株式の譲渡制限 あり

(5) X社株式の評価(相続税評価額)に関する資料
・X社の財産評価基本通達上の規模区分は「中会社の大」である。
・X社は、特定の評価会社には該当しない。
・比準要素の状況

※すべて1株当たりの資本金等の額を50円とした場合の金額である。
※「□□□」は、問題の性質上、伏せてある。

・類似業種の1株(50円)当たりの株価の状況
課税時期の属する月の平均株価     :380円
課税時期の属する月の前月の平均株価  :400円
課税時期の属する月の前々月の平均株価 :420円
課税時期の前年の平均株価       :370円
課税時期の属する月以前2年間の平均株価:375円

(6) X社の過去3年間の決算(売上高・所得金額・配当金額)の状況

(注2)固定資産の売却による非経常的な利益金額500万円が含まれている。
(注3)記念配当60万円が含まれている。

(7) X社の資産・負債の状況
直前期のX社の資産・負債の相続税評価額と帳簿価額は、次のとおりである。


※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問62          問63

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.