問64 2009年9月応用

問64 問題文と解答・解説

問64 問題文

仮に,Aさんの父親に相続が発生した場合,X社の類似業種比準方式による1株当たりの株価を求めなさい。

計算過程を示し,答は円単位とすること。
端数処理は,計算過程において各要素別比準割合および比準割合は小数点第2位未満を,1株当たり資本金等の額50円当たりの類似業種比準価額は10銭未満を,X社株式の1株当たりの類似業種比準価額は円未満をそれぞれ切り捨てること。

ページトップへ戻る

問64 解答・解説


類似業種比準方式による株価評価に関する問題です。
これも基本的な問題なので、きっちりマスターしておきたいですね。

まず、類似業種比準方式の株価の計算式は、以下の通りです。
株価=類似業種の株価×{(a/A+b/B×3+c/C)/5}×乗数×1株当りの資本金額/50円
※a、b、c…評価会社の1株当りの配当金額、利益金額、純資産価額(簿価)
※A、B、C…類似業種の1株当りの配当金額、利益金額、純資産価額(簿価)
※乗数は、大会社は0.7、中会社は0.6、小会社は0.5
※類似業種の株価は、評価年度の前年平均・評価する月・評価する前月・評価する前々月のうち最も小さい金額。

問題文では、資本金額50百万円(50,000千円)で、発行済株式総数 1,000株ですから、
1株当りの資本金額=50,000千円÷1,000株=50,000円 です。

よって、類似業種比準方式の株価は、
株価=158円×{(5.0/3.3+5/22×3+300/189)/5}×0.6×50,000円/50円
  =158円×0.75×0.6×1,000円 ←小数点第2位未満切捨てて「0.75」
  =71.1円×1,000円=71,100円

問63                       問65
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.