問5 2011年1月基礎

問5 問題文と解答・解説

問5 問題文

公的介護保険(以下,「介護保険」という)に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

1) 全国健康保険協会が管掌する健康保険の介護保険料率は,都道府県ごとに定められており,都道府県によって保険料率が異なる。

2) 介護保険の保険給付を受けた者は,原則として,費用(食費,居住費等を除く)の2割を,介護サービス提供事業者に支払うことになる。

3) 全国健康保険協会が管掌する健康保険の介護保険料は,原則として,被保険者および被保険者を使用する事業主がそれぞれ2分の1を負担する。

4) 介護保険の被保険者証は,第2号被保険者に対して交付されるが,第1号被保険者には交付されない。

ページトップへ戻る

問5 解答・解説

公的介護保険に関する問題です。

1) は、不適切。全国健康保険協会(協会けんぽ)の介護保険料率は、全国一律ですが、健康保険料率は、都道府県ごとに定められており、都道府県によって料率が異なります

2) は、不適切。介護保険の自己負担は原則1割です(食費・居住費等を除く)。

3) は、適切。全国健康保険協会(協会けんぽ)の介護保険料は、原則として、被保険者と事業主でそれぞれ2分の1負担です。

4) は、不適切。介護保険の被保険者証は、第1号被保険者全員と、第2号被保険者のうち認知症や脳血管疾患等の15種類の病気により介護・支援が必要と認定された人に対して交付されます。

問4                       問6
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.