問19 2011年9月実技(資産設計)

問19 問題文と解答・解説

問19 問題文

明さんの父は、高齢なこともあって最近衰えが目立ち、介護保険による介護サービスを利用している。ある月について、下記の<条件>で介護保険の在宅サービスを利用した場合、最終的に利用者本人が負担する額として、正しいものはどれか。

<条件>
・ 介護サービス費用:210,000円
・ 介護区分    :要介護2
・ 介護区分に応じた介護保険の利用限度額:194,800円
・ 介護保険による介護サービス費用の本人負担割合:1割
・ 高額介護サービス費の自己負担限度額:37,200円

1. 15,200円
2. 19,480円
3. 34,680円
4. 36,200円

ページトップへ戻る

問19 解答・解説

公的介護保険に関する問題です。

介護保険のうち、介護給付・予防給付のサービスでは、要介護状態区分に応じた支給限度基準額が設定されており、原則として実際にかかった費用の1割が自己負担ですが、支給限度基準額を超えた部分は全額自己負担です。
ただし、自己負担額が所得に応じた自己負担上限額を超えた場合は、超えた分が高額介護サービス費として払い戻されます

本問の介護サービス費用は210,000円で、限度額は194,800円ですから、194,800円までが介護保険適用により自己負担1割です。
そして、差額15,200円は限度額を超えた分のため全額自己負担ですので、これらの合計34,680円が自己負担というわけです。
194,800円×1割=19,480円
210,000円−194,800円=15,200円
19,480円+15,200円=34,680円

ここで、高額介護サービス費の自己負担限度額は37,200円>自己負担合計34,680円 と、自己負担額は高額介護サービス費の限度額内におさまっていますので、高額介護サービス費は支給されません。

以上により正解は、34,680円

問18                問20
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.