問12 2012年1月基礎

問12 問題文と解答・解説

問12 問題文

生命保険契約の指定代理請求特約に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) 指定代理請求特約は,一般に,特約保険料を負担することなく,付加することができる。

2) 指定代理請求特約は,一般に,保険金等の支払事由が発生する前であれば,保険期間の途中からでも,付加することができる。

3) 指定代理請求特約における指定代理請求人は,被保険者の戸籍上の配偶者等,所定の範囲の中から複数名を指名することができるが,保険期間の途中で変更することはできない。

4) 指定代理請求特約において,被保険者本人が自ら保険金等を請求できないような特別な事情がある場合は,あらかじめ指定された代理人が,保険金等を請求することができる。

ページトップへ戻る

問12 解答・解説

指定代理請求特約に関する問題です。

1) は、適切。指定代理請求特約は、特約保険料の負担なしで付加できます。

2) は、適切。保険金等の支払事由発生前なら、指定代理請求特約は、保険期間の途中からでも付加できます。

3) は、不適切。指定代理請求人は、被保険者の同意を得た上で、被保険者の戸籍上の配偶者または3親等内の親族から複数名指名でき、保険期間の途中での変更も可能です。

4) は、適切。指定代理請求特約とは、被保険者が保険金を請求できないときには、指定代理請求人が被保険者に代わって保険金を請求できる特約です。

問11                問13
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.