問47 2013年1月基礎

問47 問題文と解答・解説

問47 問題文

取引相場のない株式の評価方法における類似業種比準方式に関して,以下の〈条件〉から計算される1株当たりの利益金額として,最も適切なものは次のうちどれか。

〈条件〉
(1) 経常損失   :105百万円
(2) 固定資産売却益:100百万円(特別利益:非経常的な利益金額)
(3) 当期純損失  :60百万円
(4) 損金に算入された繰越欠損金の控除額:110百万円
(5) 法人税の課税所得金額:0円
(6) 発行済株式数 :1百万株(1株当たりの資本金等の額50円)

1) 0円

2) 10円

3) 40円

4) 60円

ページトップへ戻る

問47 解答・解説

非上場株式会社の類似業種比準方式による株価算定に関する問題です。

類似業種比準方式による株価算定では、1株当たりの配当金額・利益金額・純資産価額と、1株当たりの資本金額を用いて計算しますが、1株当たりの年利益金額は、法人税の課税所得(固定資産売却益、保険差益等の非経常的な利益金額(特別利益)を除く)に、益金に算入されなかった受取配当等と、損金に算入された繰越欠損金を加えて求めます(1株当たりの資本金額を50円とみなして計算)。
1株当たりの年利益金額=(法人税の課税所得−特別利益+受取配当+繰越欠損金)÷発行済株式総数

なお、1株当たりの利益金額がマイナスになるときは、ゼロとします。

よって、本問の場合は、以下の通りです。
1株(50円)当たりの年利益金額=(0円−100百万円+0円+110百万円)÷1百万株=10円
従って正解は、10円。

※本問では発行済株式数1百万株に対し、1株当たりの資本金が50円のため、そのまま計算しましたが、1株当たりの資本金が不明な場合、資本金額を50円で除し、1株(50円)当たりの発行済株式数を算出(1株当たりの資本金額を50円とみなす)した上で、計算することが必要となります。

問46                問48

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.