問49 2013年1月基礎

問49 問題文と解答・解説

問49 問題文

土地等の使用貸借に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) 子が親から借地権を無償で借りて,親の借地上に子が自宅を建てた場合,「借地権の使用貸借に関する確認書」を所轄の税務署長に提出し,使用貸借の事実が確認されないと,その実態に応じて親から子に借地権の贈与があったものとして贈与税が課税される場合がある。

2) 子が親から借地権を無償で借りて,親の借地上に子が貸家を建てた場合,「借地権の使用貸借に関する確認書」を所轄の税務署長に提出すると,親の所有する借地権は貸家建付借地権として評価される。

3) 親の借地権がある土地の底地を子が地主から購入して,親が無償で子から土地を借りる場合,「借地権者の地位の変動がない旨の申出書」を所轄の税務署長に提出しないと,親から子に借地権の贈与があったものとして贈与税が課税される。

4) 親が自己所有の土地に建物を建築して第三者に賃貸していたが,親は子に建物だけを贈与して,子は使用貸借で親から土地を借り,建物は従前と同じ第三者に賃貸していた場合, 親の土地は貸家建付地として評価される。

ページトップへ戻る

問49 解答・解説

個人間の土地の使用貸借に関する問題です。
使用貸借とは、貸主が借主に無償で使用収益させる契約です。

1) は、適切。親が借りている土地(親の借地)に、子供が自宅を建てて、権利金や地代を払わない場合、子は親から借地権を無償で借りている(使用貸借している)ことになりますが、「借地権の使用貸借に関する確認書」を所轄税務署長に提出し、確認を受ければ、親から借地権の贈与を受けたものとみなされません
この確認書を提出しないと、実態に応じて、親から子に借地権の贈与があったものとして贈与税が課税されます。

2) は、不適切。親の借地に子どもが貸家を建て、権利金や地代を払わない(親の借地権を使用貸借している)場合、「借地権の使用貸借に関する確認書」を所轄税務署長に提出し、確認を受けると、親から借地権の贈与を受けたものとみなされませんが、親の借地権は他人に賃貸している借地権の評価額(貸家建付借地権)ではなく、自分で使っている借地権の評価額となります。

3) は、適切。親の借地権がある土地の底地を、その子どもが地主から買い取った場合に、そのまま親が無償で土地を借りるとき、「借地権者の地位に変更がない旨の申出書」を所轄税務署長に提出すると、贈与としてみなされません
この申出書を提出しないと、親から子に借地権の贈与があったものとして贈与税が課税されます。

4) は、適切。親が自分の土地に建てた建物を第三者に賃貸し、その賃貸を継続したまま子どもに建物だけを贈与して、土地は親による使用貸借とした場合、親の土地は貸家建付地として評価されます。
ただし、建物を借りていた人が建物贈与後に変わってしまうと、自用地評価額になってしまいます。

問48                問50

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.