問22 2014年9月基礎

問22 問題文と解答・解説

問22 問題文

国内ポートフォリオ運用において,リスク調整後収益率を測定するための各種手法の一般的な説明に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) トレイナーの測度は,ポートフォリオの収益率から安全資産利子率を差し引いた超過収益率を,CAPM(資本資産評価モデル)で算出されるポートフォリオのβ(ベータ)で除して求める。

2) インフォメーション・レシオ(情報比)は,ポートフォリオの収益率からベンチマークの収益率を差し引いた超過収益率を,CAPM(資本資産評価モデル)で算出されるポートフォリオのβ(ベータ)で除して求める。

3) シャープ・レシオ(シャープの測度)は,ポートフォリオの収益率から安全資産利子率を差し引いた超過収益率を,ポートフォリオの収益率の標準偏差で除して求める。

4) ジェンセンのアルファ(ジェンセンの測度)は,ポートフォリオの収益率から, CA P M(資本資産評価モデル)による収益率(安全資産利子率+β×(市場全体の収益率−安全資産利子率))を差し引いて求める。

ページトップへ戻る

問22 解答・解説

ポートフォリオ運用に関する問題です。

1) は、適切。トレイナーの測度は、超過収益率をポートフォリオのリスクであるβ(ベータ)で除して、リスク1単位当たりの超過収益率を算出するものです。
トレーナーの測度=(ポートフォリオの収益率−安全資産利子率)÷β

2) は、不適切。インフォメーション・レシオ(情報比)は、ベンチマークに対するポートフォリオの超過収益率をトラッキングエラー(ベンチマークのリスクに対するポートフォリオのリスクのかい離)で除して算出するもので、リスクに見合った超過リターンが得られたかを検証できるため、主にアクティブ・ファンドの運用成績を測る場合に用いられます(数値が大きいほど超過収益が大きい)。

3) は、適切。シャープ・レシオは、標準偏差で測ったリスク1単位に対して、超過収益率がどれだけあったかを示すものです。
シャープ・レシオ=(ポートフォリオの収益率−安全資産利子率)÷標準偏差

4) は、適切。ジェンセンのアルファ(ジェンセンの測度)は、CAPM(資本資産評価モデル)で算出される超過収益率を上回った部分(アルファ(α))を測るもので、市場で形成される証券価格の歪みを表す尺度として利用されます。
ジェンセンのアルファ=ポートフォリオの収益率−(安全資産利子率+β×(市場全体の収益率−安全資産利子率))

問21      問23

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.