問9 2016年9月基礎

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

各種共済に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) JA共済の「医療共済」は、病気や不慮の事故による入院や手術等を保障し、入院共済金の1入院支払限度日数の型は、60日型、120日型、200日型の3種類から選択することができる。

2) JA共済の「自動車共済」は、共済事業の決算において剰余金が生じた場合、所定の割戻金を受け取ることができる。

3) 全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)が実施する「こくみん共済」の総合タイプは、加入者の年齢や性別にかかわらず、月々の掛金が一律である。

4) 全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)が実施する「マイカー共済」(自動車総合補償共済、四輪車用)の基本となる補償には、対人賠償、対物賠償、人身傷害補償、車両損害補償がある。

ページトップへ戻る

問9 解答・解説

各種共済に関する問題です。

1) は、適切。JA共済の医療共済は、病気や不慮の事故による入院や手術等を保障するもので、1入院限度日数は、60日・120日・200日の3種類から選択可能です(以前は120日からでしたが、入院日数の短期化に合わせて60日からとなりました)。

2) は、不適切。共済というと、一般には決算で剰余金が生じると割戻金がもらえるイメージがありますが、JA共済の自動車共済は、掛捨てのため満期共済金や割戻金はありません

3) は、適切。全労済の「こくみん共済」は、複数の契約プランがありますが、総合タイプやガン保障・医療タイプなど、ほとんどのプランが年齢や性別に関係なく、月々一律の掛金です(終身保障や長期保障タイプは、年齢・性別によって掛金が異なります)。

4) は、適切。全労済の「マイカー共済」は、対人・対物賠償と人身傷害・車両損害補償を基本補償とし、無共済車傷害補償(自動付帯)や搭乗者傷害特約(任意付帯)等の特約をセットにして契約します。

問8      問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.