問55 2018年1月応用

問55 問題文と解答・解説

問55 問題文

《設例》の〈X社の財務データ〉に基づいて、(1)X社の平成29年3月期の自己資本当期純利益率と(2)X社の平成29年3月期のインタレスト・カバレッジ・レシオを、それぞれ求めなさい。〔計算過程〕を示し、〈答〉は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。なお、自己資本当期純利益率の計算にあたって、自己資本は平成28年3月期と平成29年3月期の平均を用いること。

ページトップへ戻る

問55 解答・解説

複数の財務指標による指標値算出に関する問題です。

自己資本当期純利益率=自己資本利益率(ROE)=当期純利益/自己資本×100 です。
自己資本は純資産から非支配株主持分(少数株主持分、被支配株主持分)と新株予約権を差し引いたものです。
28年3月期のX社の自己資本=2,500,000-245,000-3,000=2,252,000
29年3月期のX社の自己資本=2,400,000-250,000-3,000=2,147,000

問題文で「自己資本は28年3月期と29年3月期の平均を用いる」とありますので、
自己資本=(28年3月期の自己資本+29年3月期の自己資本)÷2
    =(2,252,000+2,147,000)÷2=2,199,500

そして、29年3月期の純利益は 125,000 ですので、
29年3月期のX社の自己資本当期純利益率=125,000÷2,199,500×100=5.683…
→5.68%(小数点以下第3位四捨五入)

次に、インタレスト・カバレッジ・レシオとは、借入金に対する企業の利息支払い能力を示す指標で、これが高ければ、安心して融資できるってことで、銀行等の金融機関が融資の際に参考とする指標でもあります。

インタレスト・カバレッジ・レシオ=事業利益÷金融費用
(事業利益=営業利益+受取利息・配当金、金融費用=支払利息・割引料)

では、問題文の数値を式に当てはめてみましょう。
事業利益=365,000+5,000+1,100=371,100、金融費用=6,200
よって、インタレスト・カバレッジ・レシオ=371,100÷6,200=59.854…倍 ⇒ 59.85倍

以上により正解は、(1)5.68(%) (2)59.85(倍)

問54          問56

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.