問10 2018年9月基礎

問10 問題文と解答・解説

問10 問題文

外貨建て終身保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1) 外貨建て終身保険(平準払い)は、毎回払い込む保険料が一定額の外貨で設定される保険であり、保険料が一定額の円貨で設定されるものはない。

2) 外貨建て終身保険(平準払い)の保険金は、外貨による支払となり、支払時の為替相場により保険金の円貨額は影響を受けるが、円換算支払特約を付加することにより、為替変動リスクを回避することができる。

3) 外貨建て終身保険は、市場価格調整(MVA)機能を有しないものについても、保険業法における特定保険契約に該当し、その販売・勧誘については金融商品取引法に規定された行為規制の一部が準用される。

4) 外貨建て終身保険(一時払い)を解約し、解約差益が生じた場合、解約差益のうち保険差益に相当する部分の金額は一時所得として所得税の課税対象となり、為替差益に相当する部分の金額は雑所得として所得税の課税対象となる。

ページトップへ戻る

問10 解答・解説

終身保険・外貨建て保険の一般的な特徴に関する問題です。

1) は、不適切。平準払いの外貨建て終身保険は、毎回の払込保険料が一定額の外貨または円貨で設定される保険です。一定額の外貨で設定される場合は、為替レートによって円換算の保険料が増減するのに対し、一定額の円貨で設定される場合は、円換算の保険料は変わらず、外貨換算の保険料が増減します。

2) は、不適切。円換算支払特約は、外貨建て保険の保険金・年金等を円貨で受け取るために、請求のたびに付加する特約ですが、為替変動による損失を回避することはできません為替リスクを回避するなら、通貨先物やオプション取引等による為替ヘッジがある保険を選ぶことが必要です。

3) は、適切。市場価格調整(MVA)とは、解約返戻金が解約時の市場金利に応じて増減する仕組みのことで、終身保険・個人年金保険・養老保険等で利用されます。変額保険や外貨建て保険は、運用成績や為替変動で保険金が変動するリスク商品のため、市場価格調整(MVA)がない商品であっても、保険業法における特定保険契約に該当し、販売・勧誘する際は金融商品取引法の規制が準用されています。

4) は、不適切。外貨建て保険の解約差益は、保険差益と為替差益を合わせて、一時所得として所得税の課税対象となります。

よって正解は、3

問9      問11

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.