問18 2019年1月基礎

問18 問題文と解答・解説

問18 問題文

株式の制度信用取引において、保有するA社株式2,000株(1株当たり時価2,500円)と金銭200万円を担保として差し入れ、B社株式(1株当たり時価4,000円)を新規に売建てする場合、売建てが可能な最大株数として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、株式担保の代用掛目は80%、委託保証金率は30%であるものとし、手数料等は考慮しないものとする。

1) 4,000株

2) 4,500株

3) 5,000株

4) 5,500株

ページトップへ戻る

問18 解答・解説

株式の信用取引に関する問題です。

委託保証金率とは、取引金額に対する委託保証金の割合ですので、委託保証金率30%の場合、取引金額の上限は、委託保証金の約3.3倍です。
つまり、委託保証金率30%=委託保証金/取引金額の上限 です。

本問の場合、委託保証金として差し入れるのは、A社株式2,000株(時価2,500円/株)と金銭200万円です。
このうち、株式担保の代用掛目は80%とされますので、A社株式2,000株=2,000株×2,500円/株=500万円は、現金評価の80%分の価値として評価されます。

取引金額の上限=(500万円×80%+200万円)/30%=2,000万円→2,000万円まで新規建て可能

B社株式は時価4,000円/株ですから、2,000万円で取引可能なB社株式数は、
2,000万円÷4,000円/株=5,000株

よって正解は、3

問17      問19

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.