問20 2019年5月基礎

問20 問題文と解答・解説

問20 問題文

米国の株価指標等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1) ナスダック総合指数は、NASDAQ市場で取引されている全銘柄を対象とする時価総額加重型の株価指数である。

2) ダウ工業株30種平均は、ニューヨーク証券取引所に上場し、米国経済を代表する30銘柄を対象とする時価総額加重型の株価指数である。

3) バフェット指数は、株式市場全体の相場の過熱感を示す指数とされ、名目GDPを株式市場の時価総額で除して算出し、一般に、この数値が100%を上回ると株価は割高の状態であるとされる。

4) VIX指数は、株式市場に対する投資家心理を表す指数とされ、一般に、この数値が高まると、投資家が将来の株高を期待して楽観的な見通しを持っている状態であるとされる。

ページトップへ戻る

問20 解答・解説

株式市場の指標に関する問題です。

1) は、適切。ナスダック総合指数とは、ベンチャー向け株式市場であるNASDAQに上場している全銘柄を時価総額加重平均した株価指数です(NASDAQはニューヨーク証券取引所とは別の取引所で、世界初の電子証券取引所でもあります)。

2) は、不適切。ダウ工業株30種平均は、ダウ平均やNYダウともいわれる、ニューヨーク株式市場の代表的な30の優良銘柄で構成される平均株価指数です。ニューヨーク証券取引所の上場銘柄を対象とする時価総額加重型の株価指数は、S&P500種株価指数(アメリカのスタンダード・アンド・プアーズ社が算出する株価指数で、ニューヨーク証券取引所・アメリカン証券取引所・NASDAQに上場している企業(銘柄)のうち、代表的な500銘柄を対象とした時価総額加重型の株価指数)です。

3) は、不適切。バフェット指数は、有名投資家ウォーレン・バフェット氏が考案したといわれる指数で、「株式市場の時価総額÷名目GDP×100」により算出される、株式市場全体の過熱感を示します(100%を超えていると割高、100%以下だと割安)。

4) は、不適切。VIX指数は、恐怖指数とも呼ばれるもので、株式市場に対する投資家心理を表す指数です。VIX指数の数値が高いほど、投資家が市場に対し悲観的な見通しを感じているとされます。

よって正解は、1

問19      問21

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.