問49 2019年5月基礎

問49 問題文と解答・解説

問49 問題文

2019年4月に死亡した被相続人Aさんが所有し、長男Bさんが相続により取得した甲土地および乙土地の概要は、下記のとおりである。甲土地および乙土地に対する「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、ほかに必要とされる要件等はすべて満たしているものとする。

〈甲土地の概要〉
・Aさんが居住の用に供していた自宅の敷地(200u)である。
・Aさんの配偶者は既に死亡しており、同居親族もいない。
・長男Bさんは、20年前から賃貸マンションに居住しており、これまでに自己または自己の配偶者が持家を取得したことはない。
・長男Bさんは、相続により取得した甲土地上の自宅を、相続税の申告期限前に第三者に賃貸した。

〈乙土地の概要〉
・Aさんが所有している賃貸アパート(10室)の敷地(240u)である。
・Aさんは、乙土地および賃貸アパートを2018年6月に取得し、同月中に貸付事業を開始した。
・Aさんは、乙土地上の賃貸アパート以外に貸付事業は行っていない。
・長男Bさんは、相続により取得した乙土地に係る貸付事業を承継し、相続税の申告期限まで引き続き営んでいる。

1) 甲土地は特定居住用宅地等に該当し、乙土地は貸付事業用宅地等に該当する。

2) 甲土地は特定居住用宅地等に該当し、乙土地は貸付事業用宅地等に該当しない。

3) 甲土地は特定居住用宅地等に該当せず、乙土地は貸付事業用宅地等に該当する。

4) 甲土地は特定居住用宅地等に該当せず、乙土地は貸付事業用宅地等に該当しない。

ページトップへ戻る

問49 解答・解説

小規模宅地の特例に関する問題です。

特定居住用宅地等として小規模宅地の特例を受けるには、配偶者以外が取得する場合、取得する別居親族は、相続開始前3年以内に自宅を所有していないことと、相続開始からの申告期限まで継続保有すること等が必要ですので、同居していなくてもこれらの要件を満たせば適用可能です(家なき子特例)。
ただし、継続保有だけしていればいいので、取得する別居親族が居住する必要はなく、相続直後に賃貸に出すことも可能です。

よって、甲土地は特定居住用宅地等に該当します。

次に、不動産の貸付け等で相当の対価を得て事業が継続されていれば、貸付事業用宅地として小規模宅地の特例の対象となりますが、平成30年4月1日以降、相続開始前3年以内に賃貸開始した宅地は、小規模宅地の特例の対象外となっています。

よって、乙土地は貸付事業用宅地等に該当しません。

よって正解は、2

問48      問50

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.