問14 2019年9月実技(資産設計)

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文

直美さんは、2019年1月に地震保険の保険料が改定されたことから、松井家が契約している自宅(専有部分)の地震保険の更新時における保険料をFPの細井さんに試算してもらった。下記<資料>を基に細井さんが試算した保険期間5年の地震保険料を解答欄に記入しなさい。なお、松井家は神奈川県にあるイ構造のマンションで、火災保険の保険金額は1,200万円である。また、地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の50%相当額で2019年11月に更新し、地震保険料は長期一括払いとする。建築年割引10%を適用すること。

<資料1:地震保険金額100万円当たりの年間保険料例(割引適用なしの場合)>

※イ構造:主として鉄骨・コンクリート造の建物、ロ構造:主として木造の建物

<資料2:長期係数>

※保険期間が2年以上で保険料が一括払いの場合には長期係数を使用すること。

ページトップへ戻る

問14 解答・解説

地震保険に関する問題です。

地震保険の保険料は、建物の構造や所在地(都道府県)により異なり、地震による危険度によって建物は2段階・所在地は3段階に区分され、危険度が高いほど保険料も高くなります。

本問の場合、神奈川県にあるイ構造のマンションですから、資料1より、地震保険金額100万円当たりの年間保険料2,500円です。
また、本問の火災保険の保険金額は1,200万円で、地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の50%相当額ですから、
1年間の地震保険料=1,200万円×50%×2,500円/100万円=15,000円 となります。

ただし、地震保険は火災保険に付帯して契約しますが、地震保険の保険期間は最長で5年であり、長期契約一括払いにより所定の割引率が適用されます。
また、地震保険の保険料は、建物の免震・耐震性能に応じて、建築年・耐震等級・免震建築物・耐震診断の4種類の割引制度があり、10%〜50%の割引が適用されます(重複不可・最大50%)。
本問の場合、保険期間5年で長期一括払いであるため、5年分の保険料として単なる5倍ではなく、資料2より、長期係数4.60を乗じることとなり、また建築年割引10%を適用することになります。
よって、
保険期間5年の地震保険料=15,000円×4.6×(1−10%)=62,100円 となります。

以上により正解は、62,100(円)

問13                問15

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.