問14 2019年9月基礎

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文

民法および「失火の責任に関する法律」(以下、「失火責任法」という)に関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。

(a) Aさんが失火で隣家を全焼させ、Aさんに重大な過失が認められる場合、民法の規定が適用されるため、Aさんは隣家の所有者に対して損害賠償責任を負う。

(b) Bさんがガス爆発事故により隣家を損壊させ、Bさんに故意または重大な過失が認められない場合、失火責任法の規定が適用されるため、Bさんは隣家の所有者に対して損害賠償責任を負うことはない。

(c) 賃貸住宅に住んでいる借家人Cさんが失火で借家を全焼させ、Cさんに重大な過失が認められる場合、民法の規定が適用されるため、Cさんは家主に対して損害賠償責任を負う。

(d) 賃貸住宅に住んでいる借家人Dさんが失火で借家を全焼させ、Dさんに重大な過失が認められない場合、失火責任法の規定が適用されるため、Dさんは家主に対して損害賠償責任を負うことはない。

1) 1つ

2) 2つ

3) 3つ

4) 4つ

ページトップへ戻る

問14 解答・解説

失火責任法に関する問題です。

(a) は、適切。故意ではなくても重大な過失の場合は、失火責任法の規定が適用されず、損害賠償責任を負うことになります。

(b) は、不適切。ガス爆発は「火災」ではないとされるので、失火責任法の規定が適用されず、損害賠償責任を負います。

(c) は、適切。賃貸の場合は、失火責任法の規定が適用されず、軽過失でも民法により家主に対する損害賠償責任を負います。重過失の場合、もし隣家に延焼していると、隣家への損害賠償責任も負うことになります。

(d) は、不適切。賃貸の場合は、失火責任法の規定が適用されず、軽過失でも民法により家主に対する損害賠償責任を負います。このため、賃貸住宅に入るときは、必ずといっていいほど火災保険の話が出てくるわけです。

よって正解は、2

問13      問15

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.