問16 2019年9月基礎

問16 問題文と解答・解説

問16 問題文

わが国の経済指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 景気動向指数のCI(コンポジット・インデックス)は、採用系列の前月と比べた変化の大きさを合成して作成された指数であり、CI一致指数の動きと景気の転換点はおおむね一致する。

2) 消費者態度指数は、消費者マインドを示す指標であり、消費者の「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」に関する今後半年間の見通しに基づき作成され、毎月公表される。

3) 貸出約定平均金利は、国内銀行(ゆうちょ銀行等を除く)および信用金庫における約定時の貸出金利を集計したものであり、「新規」「ストック」の2種類の計表がある。

4) 完全失業率は、15歳以上の人口のうち、働く意思と能力がありながら就業の機会が得られない状態にある者の割合であり、景気動向指数において遅行系列に採用されている。

ページトップへ戻る

問16 解答・解説

経済指標に関する問題です。

1) は、適切。CIは複数の経済指標の前月と比べた変化率を合成して作成され、景気変動の大きさや量感を測定します。CI一致指数の上昇時は景気の拡張局面、低下時は後退局面であり、CI一致指数の動きと景気の転換点はおおむね一致します。

2) は、適切。消費者態度指数は、内閣府が毎月の消費動向調査で公表している、消費者マインドを指数化した経済指標で、今後半年間の「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」について調査して数値化したものです。

3) は、適切。貸出約定平均金利は、ゆうちょ銀行等を除いた国内銀行や信用金庫における約定時の貸出金利の平均であり、当月中において実行した貸出である「新規」と、月末時点において残高のあるすべての貸出である「ストック」の2種類の計表があり、日銀が毎月公表します。

4) は、不適切。完全失業率は、労働力人口(15歳以上の従業者・休業者・完全失業者の合計)に占める完全失業者の割合(求職活動中の者等)で、景気が悪くなっても企業はすぐには解雇出来ないことから、景気の動きに遅れて動く遅行指数です。
問題文では分母を「15歳以上の人口」としていますが、これでは学生やリタイアした高齢者等も含めてしまうため、不適切です。

よって正解は、4

問15      問17

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.