問17 2019年9月基礎

問17 問題文と解答・解説

問17 問題文

ETF(上場投資信託)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1) ETFの売買における受渡決済は、上場株式の普通取引とは異なり、原則として売買成立日から起算して2営業日目に行われる。

2) ダブルインバース型ETFは、変動率が原指標の変動率の2倍となるように設定された指標に連動する運用成果を目指して運用され、その変動率は原指標の変動率よりも大きくなる。

3) エンハンスト型ETFは、リスクコントロール指標やマーケットニュートラル指標など、一定の投資成果を実現するための投資戦略を表現した指標に連動する運用成果を目指して運用される。

4) 東京証券取引所のETF市場では、ETFの流動性の向上を目的として、日本証券クリアリング機構が継続的に売買双方の気配提示を行うマーケットメイク制度が導入されている。

ページトップへ戻る

問17 解答・解説

ETFに関する問題です。

1) は、不適切。株式取引において約定日から実際の決済日までの期間は、約定日から起算して3営業日です(約定日から2営業日後に決済)。ETFは通常の株式で同様に取引されるため、受渡日(決済日)も同様です。
なお、それまでは約定日(売買成立日)から起算して4営業日が受渡日(決済日)でしたが、2019年7月16日より、約定日から起算して3営業日に短縮されました(約定日から2営業日後に決済)。

2) は、不適切。ダブルインバース指数は、原指標の日々の変動率の−2倍(マイナス2倍)として算出される指数ですので、原指標が上昇するときはその2倍の値幅で下落(損失)し、原指標が下落するときは2倍の値幅で上昇(利益)するといったように、変動率は原指標の変動率よりも大きくなり、信用取引のレバレッジ2倍売りと同じような取引となります。

3) は、適切。エンハンスト型運用は、リスクコントロール指標やマーケットニュートラル指標など、一定の投資成果を実現するための投資戦略を表現した指標に連動する運用成果を目指す運用スタイルです。
リスクコントロール指標:特定の原指標に連動するポートフォリオにおいて、キャッシュ比率の調整により値動きを抑える投資戦略の指標。
マーケットニュートラル指標:特定の原指標に連動するポートフォリオに、リスクヘッジするポジションを組み合わせる投資戦略の指標。

4) は、不適切。東京証券取引所では、ETFの流動性向上を目的に、証券会社や専門業者をマーケットメイカーとする、売買の気配提示するマーケットメイク制度が2018年2月から導入されています。マーケットメイカーが注文を継続的に提示すること(気配提示)で流動性が増し、投資家は想定した通りの価格で取引が可能となり、マーケットメイカーは東証から気配提示のインセンティブ(報酬)を受け取ることができます。
日本証券クリアリング機構は、証券取引等の決済履行を保証する清算機関であり、ETFに関しては、2020年に東証とともにETFの設定・交換申込の電子プラットフォームを稼働させる予定です。

よって正解は、3

問16      問18

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.