問33 2020年1月基礎

問33 問題文と解答・解説

問33 問題文

2019年10月以降の消費税の軽減税率(8%)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 軽減税率の適用対象となる飲食料品は、人の飲用または食用に供されるものに限られるため、家畜の飼料やペットフードの販売は軽減税率の適用対象とならない。

2) 軽減税率の適用対象となる新聞は、定期購読契約に基づくものに限られるため、駅の売店やコンビニエンスストアにおける新聞の販売は軽減税率の適用対象とならない。

3) 医薬品や医薬部外品の販売は軽減税率の適用対象となるが、特定保健用食品や栄養機能食品の販売は軽減税率の適用対象とならない。

4) 酒税法に規定する酒類の販売は、飲食設備のある場所において飲用させる役務の提供に該当するかどうかにかかわらず、軽減税率の適用対象とならない。

ページトップへ戻る

問33 解答・解説

消費税に関する問題です。

1) は、適切。消費税の軽減税率となる飲食料品は、一般的な人用の飲食料品に限られるため、家畜飼料やペットフードは軽減税率の対象外です。

2) は、適切。消費税の軽減税率の対象となる新聞は、定期購読契約の新聞に限られるため、駅の売店やコンビニで販売される新聞は、軽減税率の対象外です。

3) は、不適切。消費税の軽減税率となる飲食料品は、一般的な人用の飲食料品に限られるため、健康食品・美容食品・特定保健用食品・栄養機能食品等は「飲食料品」として軽減税率の対象となり、医薬品や医薬部外品は軽減税率の対象外となります。

4) は、適切。消費税の軽減税率となる飲食料品は、持ち帰りの場合は軽減税率の対象となり、外食の場合は対象外となりますが、酒類については、持ち帰りか外食かに関わらず、軽減税率の対象外です。

よって正解は、3

問32      問34

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.