問54 2020年1月応用

問54 問題文と解答・解説

問54 問題文

《設例》の〈W社・X社の財務データ等〉に基づき、Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄(1)〜(8)に入る最も適切な語句または数値を、解答用紙に記入しなさい。なお、計算結果は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

I 「 W社とX社を自己資本当期純利益率で比較すると、W社の値が( 1 )%、X社の値が□□□%であり、W社の値のほうが上回っています。この自己資本当期純利益率について、売上高当期純利益率、使用総資本回転率、( 2 )の3指標に分解して、その要因分析を行うと、W社の使用総資本回転率は( 3 )回、( 2 )( 4 )倍で、いずれもX社の値を上回っており、W社のほうが資本効率性が高いと評価することができます」

II 「 W社とX社を財務的な安定性を測る指標であるインタレスト・カバレッジ・レシオで比較すると、W社の値が□□□倍、X社の値が( 5 )倍であり、X社のほうが財務的な余裕があるといえます」

III 「 W社とX社を代表的な投資指標であるPERとPBRで比較すると、W社のPERは( 6 )倍、PBRは( 7 )倍で、いずれもX社の値を上回っており、W社株式のほうが相対的に割高であるといえます。また、配当性向で比較すると、W社の値が( 8 )%、X社の値が□□□%であり、W社のほうが株主への利益還元の度合いが高いといえます」

ページトップへ戻る

問54 解答・解説

複数の財務指標による指標値算出に関する問題です。

I 自己資本当期純利益率=自己資本利益率(ROE)=当期純利益/自己資本×100 です。
自己資本は純資産から非支配株主持分(少数株主持分、被支配株主持分)と新株予約権を差し引いたものです。
W社の自己資本=400,000−22,000=378,000
X社の自己資本=400,000−14,000=386,000

よって、両社の自己資本当期純利益率は以下の通りです。
W社の自己資本当期純利益率=35,000÷378,000×100=9.259…
→9.26%(小数点以下第3位四捨五入)
X社の自己資本当期純利益率=32,000÷386,000×100=8.290…
→8.29%(小数点以下第3位四捨五入)

従って、自己資本当期純利益率はW社の値のほうが上回っているといえます。

なお、ROEは売上高当期純利益率・総資本回転率・財務レバレッジに分解(逆に言えばこれら3つの指標でROEを導くことが可能)できます。
売上高当期純利益率=当期純利益/売上高×100
総資本回転率=売上高/総資本
財務レバレッジ=総資本/自己資本

W社の売上高当期純利益率=35,000÷1,250,000×100=2.80%
X社の売上高当期純利益率=32,000÷520,000×100=6.153…→6.15%(小数点以下第3位四捨五入)
W社の総資本回転率=1,250,000÷1,900,000=0.657…→0.66回(小数点以下第3位四捨五入)
X社の総資本回転率=520,000÷1,300,000=0.40回
W社の財務レバレッジ=1,900,000÷(400,000−22,000)=5.026…→5.03倍(小数点以下第3位四捨五入)
X社の財務レバレッジ=1,300,000÷(400,000−14,000)=3.367…→3.37倍(小数点以下第3位四捨五入)

従って、売上高当期純利益率ではX社が上回っていますが、総資本回転率と財務レバレッジではW社が上回っています。

II インタレスト・カバレッジ・レシオとは、借入金に対する企業の利息支払い能力を示す指標で、これが高ければ、安心して融資できるということで、銀行等の金融機関が融資の際に参考とする指標でもあります。

インタレスト・カバレッジ・レシオ=事業利益÷金融費用
(事業利益=営業利益+受取利息・配当金、金融費用=支払利息・割引料)

では、問題文の数値を式に当てはめてみましょう。
W社の事業利益=68,000+500+1,000=69,500、金融費用=8,000
X社の事業利益=55,000+200+1,800=57,000、金融費用=5,800
W社のインタレスト・カバレッジ・レシオ=69,500÷8,000=8.687…倍 ⇒ 8.69倍(小数点以下第3位四捨五入)
X社のインタレスト・カバレッジ・レシオ=57,000÷5,800=9.827…倍 ⇒ 9.83倍(小数点以下第3位四捨五入)

従って、インタレスト・カバレッジ・レシオではX社がW社を上回っており、財務的な余裕があるといえます。

III PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)をそれぞれ計算式に表すと、以下の通りです。
PER=株価/1株当たり当期純利益=株価/(当期純利益/発行済株式総数)
PBR=株価/1株当たり純資産額=株価/(自己資本/発行済株式総数)
よって、両社を比較すると、
W社のPER=5,600円/(35,000/200)=32倍
X社のPER=2,500円/(32,000/320)=25倍
W社のPBR=5,600円/{(400,000−22,000)/200}=2.962…→2.96倍(小数点以下第3位四捨五入)
X社のPBR=2,500円/{(400,000−14,000)/320}=2.072…→2.07倍(小数点以下第3位四捨五入)

よって、PER・PBRともに、W社のほうがX社を上回っており、割高です。
ただし、当初の模範解答では、W社のPBRは非支配株主持分を考慮しない算出結果(※)である2.80倍が正解となっており、後日「非支配株主持分を考慮した回答も可」となりました。
※W社のPBR=5,600円/(400,000/200)=2.80倍

また、配当性向=1株当たり配当額÷1株当たり当期純利益×100(%)ですが、配当金支払額÷当期純利益×100(%) でも表せます。
本問の場合は後者の方が計算しやすいため、
W社の配当性向=9,500÷35,000×100(%)
       =27.142…→27.14% (小数点以下第3位四捨五入)
X社の配当性向=7,600÷32,000×100(%)
       =23.75%

従って、配当性向ではW社がX社を上回っており、株主への利益還元の度合いが高いといえます。

以上により正解は、(1)9.26(%) (2)財務レバレッジ (3)0.66(回) (4)5.03(倍)
(5)9.83(倍) (6)32.00(倍) (7)2.80(倍) (8)27.14(%)

※(7)については、後日模範解答において「非支配株主持分を考慮した回答も可」とされており、当サイトの解説にある2.96倍でも正答とされたものと思われます。

第2問          問55

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.