問22 2020年9月基礎

問22 問題文と解答・解説

問22 問題文

当初時価総額が100万円のポートフォリオにおいて、2期分の期末時価総額が下記のとおりである場合、当該ポートフォリオの第2期末までの時間加重収益率(厳密法による年率換算)として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、第1期末の時価総額に新たに20万円の資金流入があったものとし、記載のない事項については考慮しないものとする。また、計算結果は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入すること。



1) 8.01%

2) 17.11%

3) 26.49%

4) 34.29%

ページトップへ戻る

問22 解答・解説

ポートフォリオ運用に関する問題です。

時間加重収益率は、運用機関自身がコントロールできない運用期間中における元本の流出入(掛金の増減や退職金の給付等)の影響を排除し、運用機関の運用能力を評価するための投資収益率の算出方法です。
算出方法はいくつかありますが、最も精度が高いのが厳密法で、計算の考え方は以下の通りです。
まず、複利計算の計算式は、元金×(1+利率÷100)N乗 です(N=投資期間)。
よって、N年後(本問では第2期末)の投資結果は、以下の通りで表せます。
元金×(1+時間加重収益率÷100)N乗=元本×(第1期末総額/当初総額)×(第2期末総額/第1期末総額+第1期資金流入額)×(第3期末総額/第2期末総額+第2期資金流入額)×…

つまり、元本に対してある期間ごとの資金流入額も踏まえた収益率をすべて反映させた結果が、時間加重収益率で複利計算した結果となるわけです。

よって本問の場合
100万円×(1+時間加重収益率÷100)2乗=100万円×(120万円/100万円)×{160万円/(120万円+20万円)}
100万円×(1+時間加重収益率÷100)2乗=137.14…万円
(1+時間加重収益率÷100)2乗=1.3714…
1+時間加重収益率÷100=1.17108…
時間加重収益率=(1.17108…−1)×100
       =17.108… → 17.11%(小数点以下第3位四捨五入)

よって正解は、2

問21      問23

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.