問14 2021年1月基礎

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文

普通傷害保険の被保険者が被った次の損害のうち、一般に、同保険の補償の対象となるものはいくつあるか。なお、特約は付帯していないものとし、記載のない事項については考慮しないものとする。

(a) 熱中症により意識を失って、入院した場合

(b) 地震により倒れてきた家具に手をはさまれて骨折し、通院した場合

(c) 海外旅行中に立ち寄った飲食店で細菌性食中毒にかかり、入院した場合

(d) 仕事で業務用車両を運転中に交通事故に巻き込まれてケガをし、通院した場合

1) 1つ

2) 2つ

3) 3つ

4) 0(なし)

ページトップへ戻る

問14 解答・解説

各種保険の一般的な特徴に関する問題です。

普通傷害保険は、国内外を問わず、旅行中を含めた日常生活での怪我などを補償する保険ですが、急激かつ偶然な外来の事故による傷害が補償対象です。
このため、自宅での料理中のやけどや、通勤中の階段で転倒して生じた骨折は、急激・偶然な外来の事故といえますが、靴ずれ・しもやけ・日焼け・熱中症・各種の職業病・病気・車酔い・むちうち症や腰痛などで、医師による診断で症状の裏付けがないもの等は、急激・偶然・外来の条件を満たさず、補償対象外です。
また、季節性インフルエンザや細菌性食中毒、ウィルス性の食中毒も補償対象外です。

よって、本問の場合は以下の通りとなります。

(a) は、補償対象外です。熱中症は、普通傷害保険の補償対象外です。

(b) は、補償対象外です。地震によるケガは、普通傷害保険の補償対象外です(特約で補償対象となる場合もあります。)。

(c) は、補償対象外です。細菌性食中毒は、普通傷害保険の補償対象外です。

(d) は、補償対象です。出張先(国外含む)等の、業務中の怪我も、普通傷害保険の補償対象です。

よって正解は、1

問13      問15

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.