問16 2021年5月基礎

問16 問題文と解答・解説

問16 問題文

日本銀行が実施している金融政策および金融調節に関する次の記述のうち、2021年1月現在の「当面の金融政策運営について」に照らし、最も不適切なものはどれか。

1) 金融政策の運営方針である金融市場調節方針は、日本銀行政策委員会の金融政策決定会合において、政策委員による多数決によって決定される。

2) 金融市場調節の主たる操作目標となっているマネーストックについて、消費者物価指数の前年比上昇率の実績値が安定的に2%を超えるまで、拡大方針を継続することとされている。

3) 金融市場調節によるイールドカーブ・コントロールのもと、日本銀行当座預金のうち政策金利残高にマイナス0.1%の金利を適用するとともに、10年物長期国債金利がゼロ%程度で推移するように長期国債の買入れを行うものとされている。

4) 企業等の資金繰り支援や金融市場の安定維持を目的として、長期国債のほか、ETFやJ-REIT、CPや社債といった資産の買入れが行われている。

ページトップへ戻る

問16 解答・解説

日本銀行の金融政策・金融調整に関する問題です。

1) は、適切。日銀の金融政策決定会合では、政策委員による多数決により、金融政策の運営方針である金融市場調節方針が決定されます。

2) は、不適切。日銀は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、消費者物価の前年比上昇率の実績値が安定的に2%を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続するとしています。
マネタリーベースとは、「日本銀行が供給する通貨」のことで、日本銀行券発行高(紙幣)と貨幣流通高(硬貨)、日銀当座預金(民間銀行が日銀に預けているお金)の合計です。なお、マネーストックは、一般法人、個人、地方公共団体等が保有する通貨の残高の合計です。

3) は、適切。日本銀行は、短期金利については、日本銀行当座預金のうち政策金利残高に▲-0.1%のマイナス金利を適用し、長期金利については、10年物国債金利がゼロ%程度で推移するように、上限を設けず必要な金額の長期国債の買入れを行うとしています。

4) は、適切。日本銀行は、CP・社債、ETFおよびJ-REITの積極的な買い入れを行うことにより、企業等の資金繰り支援と金融市場の安定維持に努めるとしています。

よって正解は、2

問15      問17

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.