問1 2021年9月実技(資産設計)

問1 問題文と解答・解説

問1 問題文

恵さんは、勤務先の退職金・退職年金制度について詳しく知りたいと思い、FPの鈴木さんに質問をした。鈴木さんが説明に使用した、退職年金制度における年金資産の移換(ポータビリティ)に関する下記<資料>の空欄(ア)〜(エ)にあてはまる○または×の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>
<年金資産の持ち運び(ポータビリティ)の可否>
(持ち運び可能な場合は○、持ち運び不可の場合は×)

(※1)確定給付企業年金から企業型・個人型確定拠出年金には、本人からの申し出により、脱退一時金相当額を移換可能。
(※2)中小企業退職金共済に加入している企業が、中小企業でなくなった場合に、資産の移換を認めている。
(※3)合併等の場合に限って措置。
(出所)厚生労働省ホームページを基に作成

1.(ア)○ (イ)○ (ウ)○ (エ)×

2.(ア)○ (イ)○ (ウ)× (エ)○

3.(ア)○ (イ)× (ウ)○ (エ)○

4.(ア)× (イ)○ (ウ)○ (エ)○

ページトップへ戻る

問1 解答・解説

確定給付企業年金・確定拠出年金に関する問題です。

(ア)は、○。企業年金や確定拠出年金では、転職や退職の際に、それまで積み立てた年金を転職先の企業年金や、自分で掛金を拠出する個人型に移換することができるという、持ち運びの出来る制度があります(ポータビリティ)。移管のパターンは様々ですが、基本的に確定給付企業年金(DB)間や中退共間、確定拠出年金(DC・iDeco)間といった同じ制度間の移管は、無条件で可能となっています。

(イ)は、○。以前は、企業年金の移管は確定給付企業年金(DB)間や中退共間、確定拠出年金(DC・iDeco)間といった同じ制度間の移管に限定されていましたが、2018年5月からは、確定拠出年金から確定給付企業年金への移換も可能となっています。

(ウ)は、○。基本的に確定給付企業年金(DB)間や中退共間、確定拠出年金(DC・iDeco)間といった同じ制度間の移管は、無条件で可能です。

(エ)は、×。中退共の加入者は、転職や退職の際に、それまで積み立てた年金を個人型確定拠出年金(iDeco)に移管することはできません。一度中退共から退職金を受け取った上で、改めて転職先の企業年金やiDecoへの加入手続きを取ることになるため、退職所得の算出時の勤続期間が通算されず、税務上は納税者に不利になります。

以上により正解は、1.

問1-10                問2

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.