問14 2021年9月実技(資産設計)

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文

彩香さんは、つみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)について興味を持ち、FPの北村さんに質問をした。北村さんの次の説明の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

つみたてNISAは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。( ア )において20歳以上の国内に居住する個人は、つみたてNISAを利用することができます。対象商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の要件を満たす公募株式投資信託とETFに限定されていて、公募株式投資信託については、購入時手数料が( イ )、信託契約期間が無期限または20年以上であることなどが要件となっています。つみたてNISAで買い付けたETFの分配金を非課税とするためには、( ウ )で受け取る必要があります。

1.(ア)その年の1月1日 (イ)一定水準以下 (ウ)個別銘柄指定方式

2.(ア)その年の1月1日 (イ)ゼロ (ウ)株式数比例配分方式

3.(ア)つみたてNISA開始時点 (イ)ゼロ (ウ)個別銘柄指定方式

4.(ア)つみたてNISA開始時点 (イ)一定水準以下 (ウ)株式数比例配分方式

ページトップへ戻る

問14 解答・解説

つみたてNISAに関する問題です。

一般NISAやつみたてNISA口座の開設には、口座開設年の1月1日時点で20歳以上であることが必要です。
なお、成人年齢引き上げに伴い、2023年1月1日以降は18歳以上となる予定です。

また、つみたてNISAは、長期の積立・分散投資に適している等の一定の条件を満たした株式投資信託やETFのみが対象で、株式投資信託については、購入時手数料無料(ゼロ)で、信託契約期間が無期限または20年以上であること等が必要です。

なお、つみたてNISA口座内でETFの配当金を非課税で受け取るには、保有残高に応じた配当金を口座に入金してもらう、株式数比例配分方式を選択する必要があります(郵便振替や振込先の銀行口座の指定は不可)。

以上により正解は、2.(ア)その年の1月1日 (イ)ゼロ (ウ)株式数比例配分方式

問13                問15

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.