問41 2021年9月基礎

問41 問題文と解答・解説

問41 問題文

ファイナンシャル・プランニング技能士は、顧客のプランニングを実行するうえで、専門家との協働が不可欠である。ファイナンシャル・プランニング技能士が依頼する「不動産関連の業務」と「その業務に適した専門家」の組合せとして、次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 地積更正登記=司法書士

2) 筆界特定の手続=土地家屋調査士

3) 不動産の評価=不動産鑑定士

4) 農地転用の届出=行政書士

ページトップへ戻る

問41 解答・解説

不動産関連の専門家に関する問題です。

1) は、不適切。土地の分筆等の際、測量した面積と登記されている面積が違う場合には、地積更正登記が必要ですが、地番や地積等の土地・建物に関する物理的状況(表示に関する事項)が記載されている「表題部」に関する登記は土地家屋調査士が代理人となって申請します。
なお、所有権の移転や抵当権の設定等の「権利部」に関する登記は司法書士が代理人となって申請します。

2) は、適切。筆界特定制度は、土地の所有権がどこまでかを特定するものではなく、隣り合う土地同士の、現地における筆界の位置を特定する制度で、土地家屋調査士や弁護士、認定司法書士が代理人となって法務局へ申請可能です。

3) は、適切。不動産鑑定士は、周辺の環境面や不動産の法律面、不動産市場等の諸条件から、不動産の経済価値を鑑定評価する専門家です。

4) は、適切。行政書士は、各種営業許可申請や農地転用の届出といった行政手続きを代行することができます(行政手続き以外にも、遺言書作成や事故示談書、会計帳簿の作成等の幅広い業務を行うことができます)。

よって正解は、1

問40      問42

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.