問13 2022年1月基礎

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文

個人が契約する任意の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

1) 人身傷害保険では、被保険者が被保険自動車の運転中に事故を起こして、被保険者や同乗者に生じたケガによる治療費・休業損害や死亡・後遺障害による逸失利益等を補償する。

2) 車両保険において、自損事故により被保険自動車が全損した場合、保険金額を限度に実際の損害額から契約(更新)時に設定した免責金額を差し引いた額が保険金として支払われる。

3) 自動車保険のノンフリート等級別料率制度において、対人・対物賠償の保険事故があった後に更新する場合は等級が2つ下がり、盗難・台風・落書き等により車両保険から保険金を受け取った場合は等級が1つ下がる。

4) 自動車を譲渡して自動車保険契約を解約する際に、中断証明書を取得すれば、中断後に、新たに契約する自動車保険の契約始期日が解約日から5年以内である場合に限り、中断前の契約の等級を引き継いで再開することができる。

ページトップへ戻る

問13 解答・解説

任意保険に関する問題です。

1) は、適切。人身傷害補償保険は、保険契約した自動車の運転中の事故による、被保険者や同乗者の、ケガの治療費や休業損害・死亡等を補償するもので、自動車事故における自己の過失部分も含め、損害額全額が支払い対象です。

2) は、不適切。車両保険には、 「1回目0万円・2回目以降10万円」といった具合に、保険を使う際の免責金額(保険契約者の自己負担額)が設定されているため、支払われる保険金は免責金額(自己負担額)を差し引いた額となります。ただし、全損の場合には、免責金額を設定していた場合でも自己負担なしで保険金額の全額が補償されます。

3) は、不適切。他人や他人の所有物に対する事故で対人賠償・対物賠償保険金が支払われたり、車同士の事故で自分の車を傷つけて車両保険金が支払われると、3等級ダウン事故として、更新後の等級が3等級下がり、保険料が高くなります。また、盗難や台風・洪水、落書きやいたずら等による車両保険金の支払いは、1等級ダウン事故として、更新後の等級は1等級下がり、保険料が高くなります。

4) は、不適切。自動車の売却や廃車等により自動車保険を一時的に中断する場合、中断証明書を取得すれば、後日新しい自動車保険に中断前の等級を適用できますが、中断期間は10年以内等の条件があります。

よって正解は、1

問12      問14

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.