問44 2022年9月基礎

問44 問題文と解答・解説

問44 問題文

民法における配偶者居住権に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 被相続人が相続開始時に居住建物を配偶者以外の者と共有していた場合、配偶者は被相続人が所有していた共有持分に応ずる配偶者居住権を取得することができる。

2) 配偶者居住権の存続期間は、遺産分割協議等において別段の定めがされた場合を除き、配偶者の終身の間とされている。

3) 配偶者が取得した配偶者居住権を第三者に対抗するためには、配偶者居住権の設定の登記をしなければならない。

4) 配偶者居住権は、譲渡することはできないが、配偶者は、居住建物の所有者の承諾を得れば、当該居住建物を第三者に使用させることができる。

ページトップへ戻る

問44 解答・解説

相続法に関する問題です。

1) は、不適切。相続開始時に居住建物に夫婦以外の共有者がいるとき、配偶者居住権は成立しないため、配偶者は被相続人が所有していた共有持分を相続可能ですが、配偶者居住権を取得することはできません。

2) は、適切。配偶者居住権は、遺産分割や遺贈で定めることにより、配偶者自身が亡くなるまで有効な居住権です(遺産分割等で別段の定めがされた場合を除く)。

3) は、適切。配偶者居住権は、遺産分割や遺贈で定めることにより、配偶者自身が亡くなるまで有効な居住権ですが、居住権を取得した配偶者が居住建物の所有者でない場合、登記していないと、建物の所有者が第三者に居住建物を売却した場合に第三者に対抗できまません

4) は、適切。配偶者居住権は第三者に譲渡できません。ただし、居住建物の所有者の承諾を得れば、配偶者は第三者に使用させることが可能です。

よって正解は、1

問43      問45

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.