問47 2022年9月基礎

問47 問題文と解答・解説

問47 問題文

下記の〈X社の配当金額等のデータ〉に基づき計算したX社株式の1株当たりの配当還元価額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

〈X社の配当金額等のデータ〉
・直前期の年配当金額   : 70万円
・直前々期の年配当金額  : 50万円
・直前期末の資本金等の額 : 1,000万円
・直前期末の発行済株式数 : 2万株

1) 250円

2) 300円

3) 2,500円

4) 3,000円

ページトップへ戻る

問47 解答・解説

取引相場のない株式の評価方法に関する問題です。

1株当たりの配当還元価額は、過去2年間の配当金額を10%の利率で還元して、元本である株式の価額を求めたものです。計算式は以下の通り。
配当還元価額=その株式の年配当金額/10%×その株式の1株当たり資本金額/50円
なお、年配当金額は、直近2年分の配当金の平均値を出し、それを1株(50円)当たりの発行済株式総数で除すことにより、1株当たりの年配当金額を求めます
※1株(50円)当たりの発行済株式総数=資本金額/50円

よって本問の場合は以下の通りです。
X社の年配当金額=(70万円+50万円)×1/2÷(1,000万円/50円)
        =3円
配当還元価額=3円/10%×(1,000万円/2万株)/50円
      =30円×(500円/50円)
      =300円

よって正解は、2

問46      問48

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP講座(キーワード検索欄で「1級」と検索) ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●1級FP技能士(学科試験対策)のWEB講座 ⇒ 1級FP技能士資格対策講座(資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●講義動画が充実 ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.