問4 2010年1月基礎

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

日本政策金融公庫の国民生活事業が取り扱う開業資金に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。
1) 「新規開業資金」の融資限度額は60,000千円であるが,そのうち,運転資金の限度額は,30,000千円とされている。
2) 「女性,若者/シニア起業家資金」の融資対象者は,女性または30歳未満か60歳以上の者で,新たに事業を始める者や事業開始後おおむね5年以内の者である。
3) 「新規開業資金」と「女性,若者/シニア起業家資金」は,返済期間が同一であれば,金使途にかかわらず,適用される利率も同一である。
4) 「女性,若者/シニア起業家資金」で,技術・ノウハウ等に新規性がみられる者は,一定の要件を満たすことにより「挑戦支援融資制度」を利用することもできる。

ページトップへ戻る

問4 解答・解説


日本政策金融公庫による融資に関する問題です。
1) 「新規開業資金」融資限度額は72,000千円で、運転資金の限度額は48,000千円ですので、不適切。

2) 「女性,若者/シニア起業家資金」の融資対象者は、女性または30歳未満か55歳以上の者で新たに事業を始める者や事業開始後おおむね5年以内の者ですので、不適切。

3) 返済期間が同一でも、設備資金や運転資金といった金使途によって適用される利率が変わりますので、不適切。

4) は問題文の通りで、適切。
制度について詳しく知らなければ分からない問題ですので、捨て問題の1つかもしれないですね。

問3                       問5
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.