問17 2010年1月基礎

問17 問題文と解答・解説

問17 問題文

MMFと外貨建てMMFに関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

1) MMFは,日々決算型の追加型公社債投資信託で,分配金が毎日再投資される実績分配型の商品である。

2) MMFの取得申込みに伴う取得日は,一般に,申込日の翌営業日になるが,申込日の午後3時までに販売会社が入金を確認できれば申込日当日が取得日となる。

3) 外国籍の外貨建てMMFは,一般に,買付後30日以内に換金した場合においても,信託財産留保額は徴収されない。

4) 外国籍の外貨建てMMFは外国証券に該当するため,外国証券取引口座を開設し,外国証券口座管理料を必ず支払う必要がある。

ページトップへ戻る

問17 解答・解説


MMFと外貨建てMMFに関する問題です。

1)は、不適切。MMFの分配金は、毎月末に再投資されます。

2)は、不適切。MMFの取得日は、申込日の正午までに販売会社が入金を確認できれば申込日当日となり、正午を過ぎた場合は翌営業日となります。

3)は、適切。外国籍の外貨建てMMFは、買付後30日以内に換金しても、信託財産留額は徴収されません

4) は、不適切。外国籍の外貨建てMMFは、外国証券取引口座を開設する必要がありますが、証券口座管理料は無料 です。

問16                       問18
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.