問25 2010年1月基礎

問25 問題文と解答・解説

問25 問題文

退職金等の受給についての所得税の取扱いに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) いわゆる定年に達した後,引き続き勤務する使用人に対して,その定年に達するまでの勤続期間に係る退職手当として一時に支払われるものは,給与所得となる。

2) いわゆる定年に達した後,引き続き勤務する使用人に対して,その定年に達するまでの勤続期間に係る退職手当の金額で年金として支払われるものは,雑所得となる。

3) 過去の勤務に基づき使用者であった者から支給される年金に代えて支払われる一時金については,退職の日以後年金の受給開始日前に支払われるものは,退職所得となる。

4) 過去の勤務に基づき使用者であった者から支給される年金に代えて,年金の受給開始日後に支払われる一時金で,将来の年金の総額に代えて支払われるものは,退職所得とすることができる。

ページトップへ戻る

問25 解答・解説


退職金等の所得税の取扱いに関する問題です。

1) は、不適切。定年後も引き続き勤務する使用人であっても、その定年に達するまでの勤続期間に係る退職手当として一時に支払われるものは、退職所得となります。

2) は、適切。定年後も引き続き勤務する使用人であって、その定年に達するまでの勤続期間に係る退職手当の金額で年金として支払われるものは、雑所得となります。

3) は、適切。使用者から年金に代えて支払われる一時金は、退職の日以後年金の受給開始日前に支払われるものは、退職所得となります。

4) は、適切。使用者から年金に代えて支払われる一時金で、年金の受給開始日後に支払われるものでも、将来の年金の総額に代えて支払われるものは、退職所得となります。

問24                       問26
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.