問46 2010年1月基礎

問46 問題文と解答・解説

問46 問題文

 遺留分減殺請求権に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

1) 遺留分権利者が相続の開始を知らない場合でも,相続開始の時から10年を経過したときは,遺留分減殺請求権は消滅する。

2) 遺留分権利者が遺贈のあったことを知った時から3カ月間減殺請求権を行使しないときは,遺留分減殺請求権は時効により消滅する。

3) 遺留分権利者が相続の開始を知っているか否かにかかわらず,遺留分減殺請求権に時効はない。

4) 遺留分権利者が相続の開始を知った時から6カ月減殺請求権を行使しないときは,遺留分減殺請求権は時効により消滅する。

ページトップへ戻る

問46 解答・解説


遺留分減殺請求権に関する問題です。

1) は、適切。遺留分減殺請求権の時効は、権利者が相続の開始を知らない場合は、相続開始から10年知っている場合は、相続開始および遺留分を侵害している遺贈・贈与があることを知ってから1年です。

2) は、不適切。1)で解説したとおり、権利者が遺贈を知ったときから1年です。

3) は、不適切。時効は知っていれば1年、知らなければ10年です。

4) は、不適切。1)で解説したとおり、権利者が相続の開始を知ったときから1年です。

問45                       問47
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.