問38 2013年1月基礎

問38 問題文と解答・解説

問38 問題文

農地法による農地の利用制限等に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) 市街化調整区域内の農地を駐車場に転用する場合,当該農地が利用されておらず遊休地化していても,農地法第4条の許可を受ける必要がある。

2) 住宅を建設する目的で,市街化区域内の農地の所有権を取得する場合,あらかじめ農業委員会に届け出れば,農地法5条の許可を受ける必要はない。

3) 権利移動について農地法3条または第5条の許可を要する農地の場合,これらの許可を受けないでした行為は無効になる。

4) 市街化区域内の農地を耕作目的で取得する場合,あらかじめ農業委員会に届け出れば, 農地法3条の許可を受ける必要はない。

ページトップへ戻る

問38 解答・解説

農地法に関する問題です。

1) は、適切。遊休地化している農地=遊休農地(1年以上耕作されておらず、今後も耕作される見込みがない農地)は、農地法上の農地とみなされますので、転用の際は農地法による許可が必要です。

2) は、適切。市街化区域内の農地を宅地に転用する場合、農業委員会への届出が必要(あらかじめ届け出を行えば農地法による許可は不要)です。
なお、市街化区域外の農地を転用する場合、4ha以下であれば都道府県知事の許可が必要で、4haを超える場合には農林水産大臣の許可が必要です。

3) は、適切。農地法の許可が必要な農地の売買・貸借等の権利移動をする場合、許可を受けずになされた契約などの行為は無効です。

4) は、不適切。市街化区域は、既に市街地化しているか、優先的に市街化を図る区域のため、市街化区域内の農地を、耕作目的で取得する場合、農地法による許可が必要です。
なお、市街化区域内の農地を農地以外に転用する場合には、あらかじめ農業委員会への届出を行えば、農地法による許可は不要です。

問37                問39

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.