問17 2020年1月基礎

問17 問題文と解答・解説

問17 問題文

下記の表に記載されている運用実績に基づき算出されるシャープ・レシオに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、安全資産利子率を1.0%としてシャープ・レシオを算出するものとする。

●ファンドA 実績収益率:6.2%、標準偏差:3.3%
●ファンドB 実績収益率:9.4%、標準偏差:5.8%

1) ファンドAのほうがファンドBよりもシャープ・レシオが大きいため、ファンドAのほうが効率よく運用されていたと評価することができる。

2) ファンドBのほうがファンドAよりもシャープ・レシオが大きいため、ファンドBのほうが効率よく運用されていたと評価することができる。

3) ファンドAのほうがファンドBよりもシャープ・レシオが小さいため、ファンドAのほうが効率よく運用されていたと評価することができる。

4) ファンドBのほうがファンドAよりもシャープ・レシオが小さいため、ファンドBのほうが効率よく運用されていたと評価することができる。

ページトップへ戻る

問17 解答・解説

ポートフォリオ運用に関する問題です。

シャープ・レシオ=(ポートフォリオの収益率−安全資産利子率)÷標準偏差 ですが、
シャープ・レシオは、標準偏差で測ったリスク1単位に対して、超過収益率がどれだけあったかを示すものですから、値が大きいほど超過収益率が高い=効率よく運用されている優れた金融商品ということです。

Aのシャープレシオ=(6.2%−1.0%)÷3.3%=1.575…
Bのシャープレシオ=(9.4%−1.0%)÷5.8%=1.448…

よって、シャープレシオの値は、ファンドAのほうがファンドBよりもシャープ・レシオが大きいため、ファンドAのほうが効率よく運用されていたと評価することができることになります。

よって正解は、1

問16      問18

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.