問39 2020年1月基礎

問39 問題文と解答・解説

問39 問題文

「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」(以下、「本特例」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、各選択肢において、ほかに必要とされる要件等はすべて満たしているものとする。

1) 甲土地とその隣接地である乙土地を所有する者が、甲土地上に賃貸アパートを建築し、乙土地を当該アパートの入居者専用の駐車場として利用する場合、乙土地は、当該アパートと一体として利用されていると認められれば、甲土地とともに本特例の対象となる。

2) 2階建ての店舗併用住宅の敷地である土地(400u)について、当該店舗併用住宅の床面積が300uで、そのうち居住部分の床面積が120uである場合、本特例の対象となる住宅用地の面積は200uとなる。

3) 2019年6月に購入した土地上で同年12月に新築した住宅に、同月中に入居した場合であっても、2020年1月1日現在において当該住宅の所有権の保存登記が未了であるときは、2020年度分の固定資産税において、当該土地は本特例の対象とならない。

4) 一戸の住居の敷地で、本特例の対象となる住宅用地の面積が300uである場合、当該土地に係る固定資産税の課税標準は、200u相当分について課税標準となるべき価格の6分の1の額となり、残りの100u相当分について課税標準となるべき価格の3分の1の額となる。

ページトップへ戻る

問39 解答・解説

固定資産税に関する問題です。

1) は、適切。住宅用敷地の固定資産税評価額は、200uまでの部分は1/6、200uを超える部分は1/3に軽減する特例があります(小規模住宅用地の特例)が、隣接地を一体利用している場合は、全体が特例の適用対象となります。

2) は、適切。住宅用敷地の固定資産税評価額にかかる小規模住宅用地の特例は、店舗併用住宅でも適用されますが、4階建て以下の耐火建築物や耐火構造ではない建築物では、居住用スペースが2分の1以上であれば専用住宅と同様の軽減措置となりますが、居住用スペースが4分の1以上2分の1未満の場合に適用される面積は敷地面積の2分の1となります(居住用スペースが4分の1未満は適用無し)。
よって、2階建ての店舗併用住宅の敷地400uで、床面積300uのうち居住用部分が120uの場合、居住用スペースの割合は120u/300u=40%(5分の2)のため、400u×1/2=200uが特例の適用対象です。

3) は、不適切。住宅用敷地の固定資産税評価額にかかる小規模住宅用地の特例は、住宅の新築・増築や建て替え・取壊し等で登記していない場合でも、土地の利用状況等を申告することで適用可能です。

4) は、適切。小規模住宅用地の特例により、住宅用敷地の固定資産税評価額は、200uまでの部分は1/6、200uを超える部分は1/3に軽減されます。

よって正解は、3

問38      問40

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.