問56 2020年1月応用

問56 問題文と解答・解説

問56 問題文

《設例》の〈Yファンド・Zファンドの予想収益率〉に基づいて、YファンドとZファンドをそれぞれ6:4の割合で購入した場合の(1)ポートフォリオの期待収益率と(2)ポートフォリオの標準偏差を、それぞれ求めなさい。〔計算過程〕を示し、〈答〉は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを解答すること。

ページトップへ戻る

問56 解答・解説

ポートフォリオの期待収益率とリスク(標準偏差)に関する問題です。

ポートフォリオの期待収益率=(各資産の構成比×各資産の期待収益率※)の合計 となります。
各資産の収益率=(予想収益率×生起確率)の合計

従って、本問ではYファンド・Zファンドの期待収益率を算出し、構成比を乗じたものの合計がポートフォリオの期待収益率となるわけです。

Yファンドの期待収益率:15%×0.4+10%×0.4+(−5%)×0.2=9%
Zファンドの期待収益率:(−5%)×0.4+15%×0.4+10%×0.2=6%

従って、ポートフォリオの期待収益率=9%×0.6+6%×0.4=7.80%

なお、ポートフォリオの期待収益率は、本問のように各資産ごとの期待収益率を算出して計算する方法以外にも、各シナリオごとの期待収益率を算出して計算する方法もあります。
ポートフォリオの期待収益率=(各シナリオの生起確率×各シナリオの収益率※)の総和
各シナリオの収益率=(収益率×投資比率)の総和

次に標準偏差ですが、標準偏差=「分散」の平方根 です。よってまずは分散を求めます。
分散=[生起確率×{(各シナリオの収益率−ポートフォリオの期待収益率)の2乗}]の総和
で表せます。
まず各シナリオの収益率は、
シナリオ1の収益率=15%×0.6+(−5%)×0.4=7%
シナリオ2の収益率=10%×0.6+15%×0.4=12%
シナリオ3の収益率=(−5%)×0.6+10%×0.4=1%

分散=0.4×(7%−7.80%)^2+0.4×(12%−7.80%)^2+0.2×(1%−7.80%)^2
  =0.256+7.056+9.248=16.56
分散16.56の平方根=4.069…→ 4.07%(小数点以下第3位四捨五入)

以上により正解は、(1)7.80(%) (2)4.07(%)

問55          第3問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.