問8 2013年1月基礎

問8 問題文と解答・解説

問8 問題文

国民年金基金(以下,「基金」という)に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

1) 基金の加入員が国民年金の保険料の一部の納付を免除された場合は,保険料の一部を納付することを要しないものとされた月の初日に加入員資格を喪失する。

2) 加入員であった者が老齢基礎年金の繰上げ請求をした場合,基金から支給される老齢年金(65歳支給開始A型,B型分)のうち,国民年金の付加年金に相当する部分を繰上げ請求したものとなり,繰上げ請求時から減額支給される。

3) いわゆる年金確保支援法の規定に基づき,平成25年4月1日以後,国民年金の任意加入被保険者のうち国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者は,基金に加入できることになる。

4) 基金の加入員が,国民年金の第2号被保険者となるなど,加入員資格を喪失して中途脱退者となった場合,その者は,加入員資格喪失時に脱退一時金を受け取ることができる。

ページトップへ戻る

問8 解答・解説

国民年金基金に関する問題です。

1) は、適切。国民年金の免除者(一部免除等含む)と農業者年金の被保険者は、国民年金基金に加入できません。このため、それまで基金に加入していた人が、国民年金の免除者となった場合、保険料を納めなくてよくなった月の初日に加入員資格を喪失します。

2) は、適切。国民年金基金の加入者が老齢基礎年金の繰上げ請求をした場合、国民年金基金からは付加年金相当分の年金が繰上げ支給され、65歳からの国民年金基金の年金額は、付加年金相当分が繰上げ受給の時期等に応じて減額されることとなります。

3) は、適切。年金確保支援法により、平成25年4月1日以後は、60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者は、国民年金基金に加入可能となり、老後の年金を増やすことができるようになります。
(これまでは国民年金基金への加入は、国民年金の強制加入者(60歳未満の人など)のみが認められていました。)

4) は、不適切。国民年金基金は、脱退しても脱退一時金等で掛金が還付されることはありません。(将来年金として支給されます)。

問7                問9

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 1級FP過去問解説 All Rights Reserved.